FC2ブログ

長野・野沢温泉 ☆ 野沢グランドホテル

GWも終わり、静けさが戻った野沢温泉。

  1405130003.jpg

温泉博士利用で野沢温泉・野沢グランドホテル
外湯「真湯」にも近く、野沢の中でも最奥にあります

  1405130005.jpg

  nozawagh4.jpg

男女別の大浴場は三階

  nozawagh2.jpg

まずは内湯

  nozawaGH.jpg

浴室内は三つの湯舟。広さもまずまず
源泉は麻釜源泉

  1405130057.jpg

手前にある花びらのような変わった形の湯舟は熱湯
このお風呂は半端なく野沢の湯。かなり熱くて入ることが出来ません

  1405130023.jpg

真ん中の湯舟は少し熱めな適温。もう一つ浅めの湯舟は寝湯になっています

  1405130018.jpg

露天風呂は同じ三階から奥にあるEVでもう一階あがります
数年前、露天風呂をリニューアルして、男女別の露天風呂と貸切風呂を新しくしたようです
以前は確か混浴露天だった気がする
露天へ通じる廊下がなんとも雰囲気いい~
夏場は囲いが外されて高台から町並が見れそう

  1405130052.jpg

男女別の露天風呂 脱衣所は狭いです

  nozawaGH.jpg

この露天の源泉は真湯源泉  
うぅん~~外湯の真湯と比べると湯花は少ない~

  1405130034.jpg

日差しが強く、長湯は無用
高台なので眺めは良好~

  1405130038.jpg

男性風呂も誰もいなかったのでチョイ拝見
同じ作り

  nozawagh1.jpg

また、内湯に戻り野沢を後にしました

帰りの飯山で菜の花畑にちょっと寄り道
まだ、綺麗に咲いています

  1405130073.jpg

野尻湖をドライブしながら帰宅です


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

みちのく二人旅 the last ☆ 新潟 まほろば温泉 まほろばふれあいセンター

GWの北東北3県の旅はこれで終わり、日本海経由で帰宅です。
秋田から山形へそして新潟 まほろば温泉・朝日まほろばふれあいセンター 朝日みどりの里に到着
ここで最後の〆湯です
まほろばふれあいセンターは「朝日みどりの里」内にある日帰り温泉施設で、IC近くにあり、道の駅「朝日」に隣接。
朝日みどりの里は宿泊施設にもなっています

  1405050699.jpg

入り口から階段を上がったところに男女別の浴室があります。

  1405050701.jpg

15人ほど入れそうな内湯。(写真はHPより)

  00030287a_400[1]

無色透明な湯で少し塩気を感じ、循環しているようですが、ツルツルとした肌さわり感があります
露天風呂へ
露天風呂は少し温めでこちらもはっきりツルツル感がします (HPより)

  00030285a_400[1]

  2014mahorobajpg.jpg

まほろば温泉から1分ほどで朝日まほろばIC。ここから新潟横断、渋滞にも巻き込まれることなく上越に無事到着
北東北の旅、念願かなって二人旅が出来てよかった。
また機会を見て、湯めぐりしたい楽しい旅でした。


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

関連記事

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

みちのく二人旅 水沢温泉郷 ☆ 露天風呂 水沢温泉

超~気に入ってしまった駒ケ岳温泉の次に向かったのは、水沢温泉郷と言ったらここが一番に名前が上がりほど有名な露天風呂・水沢温泉

  1405050697.jpg

露天風呂水沢温泉は、すぐ近くに独自源泉を持つ宿・元湯水沢山荘が経営する日帰り入浴&湯治・自炊を行える温泉施設です。

  1405050690.jpg

以前にも立ち寄りましたが、今回は温泉本で入浴
ここも朝から賑わっています
男女別の大浴場
男性は暖簾の横がすぐ浴室ですが、女性用はずーと長い廊下を行った先

  1405050694.jpg

  1405050695.jpg

脱衣所も広く、とても綺麗です
二ヶ所の内湯がありどちらも広くゆったり入れます。(写真は以前のもの)
熱いです

  1105250665.jpg

そして露天風呂
一箇所は内湯から出てすぐのところにあり、この時はお湯が激熱で入浴不可の看板が置いてありました
私はそれを見ずに入ってしまい、熱い~と叫びながら入っていたら「こんな熱いのによく入れるね~」と、看板を指差すおばあちゃん・・ 

  1405050693.jpg

もう一つの露天はすぐ横を数段降りたところにあり、ここは1メートルほどの深湯。立ったまま入れる
ここは適温ちょい熱めになっていました
泉質:含硫黄‐カルシウム・マグネシウム・ナトリウム‐硫酸塩・炭酸水素塩泉

  1105250670.jpg

駒ケ岳温泉より熱く、きりっとした温泉でした

ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

関連記事

みちのく二人旅 水沢温泉郷 ☆ 駒ケ岳温泉

久々にストライク~な温泉に出会いました~
今年になってからは一番かも!

前日、ナビで探せど探せど見つからず・・
温泉宿のパンプ片手に発見!水沢温泉郷の手前、少し外れた場所にありました。
通りからわき道に入り、林の砂利道を進むと入り口付近に宿の看板が見えてきました

広い駐車場があり、立派な外観です
人気の【鶴の湯温泉】と同系の駒ケ岳温泉

  komagatake7.jpg

建物も館内は綺麗でまだ新しい感じ、太い木を使った受付カウンターが山の温泉風、スッキリとした館内。
玄関入り口には山の湧き水が引かれていて、大きなソファーがロビー中央に置かれています

  kamagatake4.jpg

券売機で入浴券を買い、本館の建物と渡り廊下で繋がった湯棟へ
途中にあるのが宿泊者専用の貸切露天風呂二つ

  kamagatake3.jpg

男女別の脱衣所前には板張りの広いエントランスホール!

  1405050676.jpg

脱衣所も広い。

  komagatake.jpg

そして思わず声が出るほどに目に飛び込んできたのが、高い吹き抜けの天井。
存在かある太い柱が中央に二本鎮座。凄く雰囲気あるわ~

  1405050642.jpg

20人ほど入れそうな広い内湯は太い木枠の湯舟
これだけ太い木枠を使った湯舟もそうそう見ない!
まさに私のハートを鷲掴み 

  1405050634.jpg

温度は適温。ここの温泉は駒ヶ岳中腹より湧出する源泉を、空気に触れないように地下にパイプを配して引き湯している自家源泉
熱めの温度を冷ます目的でこの広めの湯舟になっているようです
少し透明度のある青白い濁り湯。白湯花が湯舟の底にフワフワとたくさん舞っています
泉質:含硫黄-カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉

  kamagatake6_20140523193620206.jpg

内湯から露天風呂へ
大きな岩が配置された石枠の円型の湯舟。
すぐ目の前には雑木林と川が流れていて、開放感抜群

  1405050656.jpg

露天風呂は少し温めでこのままずーと入っていたい気分
やはり白湯花がフワフワ~

  1405050673.jpg

鶴の湯にもある打たせ湯がここにもあります

  1405050655.jpg

私的には凄く気に入ってしまった駒ケ岳温泉
立寄りだけではモヤモヤが残る・・
宿泊者は夜になると鶴の湯に無料で送迎してくれるとの事
宿の評判も良さ気なのでいつか宿泊してみたい宿です

宿に来る道の手前に【友情の滝】と言う二つの滝が流れていて、散策にもよさそうな癒しのスポット
1405050685.jpg


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

関連記事

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

みちのく二人旅 田沢高原温泉郷 ☆ ゆぼぼ山荘 宿泊

旅の最後、三日目の宿は、水沢温泉と乳頭温泉の間、秋田駒ヶ岳への登山入口にもなっている、秋田駒ケ岳のふもとに広がるブナ林の中にある田沢高原温泉郷・ゆぼぼ山荘
たざわこ芸術村にある株式会社ワラビ座の系列の宿泊施設

  1405040575.jpg

ちょっと古めの宿で、登山客の利用が多いようです。
食堂等では禁煙と言うのは聞いていましたが、部屋でも灰皿が無く、もし禁煙宿と言うことが判っていたら、初めから予約しなかったのにと少し不満で、女将さんに確認。
窓を開けてならOKという事でした。
前面には出していませんがはっきり言って「禁煙の宿」だと思うので、愛煙家の方は予約時要確認を!

宿の管理人さんご夫婦はワラビ座の団員だそうです
フロント奥の一階、一番奥が本日の部屋。部屋数は9つ。
部屋の廊下手前にあるトイレ、洗面は共同。

  yubobo.jpg

ふすま戸の部屋には内鍵があるのみでちょっと不便。
部屋はシンプルで年季が入っています。TVがあるのでTVが見れるのがプチ嬉しい~

  1405040577.jpg

早速、宿のお風呂へ。
お風呂は男女別の内湯のみ。
乳頭温泉からの引き湯の様ですが、お湯がとてもマイルドで柔らかく感じる。
泉質:単純硫黄泉

  1405040582.jpg

湯口のところには湯葉がたくさん溜まっている。
ここで湯花をいったん漉しているのかな~
お構いなしに湯葉をお風呂に投入~ あっという間に真っ白
窓の外はまだ、芽吹いたばかりのブナ林が広がっています

  yubobo5.jpg

夕食は部屋と反対側の一階、広い食事処でいただきます
【田沢湖地ビールと山荘手作り果樹酒が付いたプラン】
一日二組限定のプランです

  yubobo1.jpg

主人はアルコールがまったく飲めないので私がいただきました
口当たりの良い飲みやすいビール。果樹酒は家に持って帰りました。
メニューはちょっと少なめで、シンプルな感じがします
一日目の宿メニューが良かっただけに、比較してしまう。まあ、ビールが付いているからね。
秋田名物きりたんぽ鍋

  yubobo2.jpg

熱々のきりたんぽに手作りの料理は美味しく、味付けはとてもいい

  yubobo3.jpg

  yubobo4.jpg

目の前の席に香港から来たカップルさんがいます。
女性のほうは正座が苦手なのか、低い椅子で食事をしてます
〆は鍋を雑炊にしていただきました。

翌日も朝湯に入り、朝食です
シンプルな朝メニューです。

  1405050621.jpg

ゆぼぼ山荘を後にして、昨日立寄りをあきらめた温泉宿に向かいます


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

関連記事

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

みちのく二人旅 乳頭温泉郷 ☆ 蟹場温泉

本来は八幡平から秋田回りで温泉めぐりの予定でした
アスピーテラインのゲート閉鎖で岩手経由の遠回り移動でしたが、思いがけず一本桜も観れたし、岩手の温泉にも入れたので結果オーライ~

岩手県経由で到着した田沢湖周辺。満開の桜が綺麗~

  1405040558.jpg

さすがは人気の温泉地、賑わっています
この周辺はたくさんの温泉郷があり、その中からいくつか入浴可能な宿をチョイス。

  1405040559.jpg

選んだのが乳頭温泉郷の一つ、最奥にある蟹場温泉
こちらの駐車場もたくさんの車

  kaniba.jpg

ロビーにも立ち寄り客の人が次々訪れています。GWの乳頭温泉郷はどこも混んでいるのでしょうね

  kaniba1.jpg


まずは宿の裏手の建物から履物に履き替え、50mほど林の中を歩いて坂を下った所
周辺はまだ、雪が結構残っています
  kaniba2.jpg

見えてきたのがとっても開放感ある露天風呂・唐子の湯
お願いして写真を撮らせていただきました

  1405040563.jpg

にごり湯が多い乳頭温泉の中でこちらは無色透明。白湯花がフワフワしてとても綺麗~ 
温度は少し熱め。もう少し緑が濃い時期ならこの露天風呂は綺麗でしょうね~(写真は以前のもの)

  1105240517.jpg

背中に絵を描いたおにーさんも居ましたが、楽しそうに入浴してました

蟹場温泉は館内のお風呂も充実しています
ロビーから露天風呂とは反対の廊下を行き、屋根伝いの通路に三箇所のお風呂。

  1405040567.jpg

蟹場は露天風呂が一番の人気で有名ですが、私の一番のお気に入りは一番奥にある男女別の内湯
全面秋田杉で造られた浴室。この湯舟の造りと雰囲気。とっても絵になります うっとり~ 
泉質:重曹炭酸水素泉

  1105240511.jpg

無色透明な湯に大きめの湯花がふわりふわり~

  1105240512.jpg

中央に男女別の岩風呂
小ぶりな湯舟です

  1105240506.jpg

そして一番手前に女性用露天風呂
木造りの小ぶりな湯舟。明るい露天風呂 女性用があるって嬉しいね

  kaniba3.jpg

蟹場温泉で入浴を済ませ、水沢温泉郷に戻ります。
もう一つどうしても立ち寄りたいと思っていた温泉宿があり、ナビで近くまで行くのですがどうしても見つからず・・
翌日立ち寄る予定で今宵の宿へ向かいます

ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

関連記事

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

みちのく二人旅 岩手 ☆ 小岩井農場 一本桜 & 鶯宿温泉 湯の宿 川長山荘

松川温泉からナビを頼りに進むと、岩手山がどんどん大きくなり、とても綺麗に見えるスキーリゾートの様な所にでた
岩手県側から来るとこんな景色が見れるんだね~
初めは正面だった岩手山が右手に見える。新緑も映えて素晴らしい景色

  1405040533.jpg

東北道は使わず下道で秋田へ向かう予定。途中温泉の地名がポンポン出てきて立ち寄りたい~。
ふと、見ると通過付近は小岩井農場
とても広大な農場でびっくり。有名だものね~
この辺りはプチ渋滞。渋滞を避け進んだ先に「一本桜」の案内看板が・・
あれはもしかして有名なあの一本桜!!ココだったんだ~ 
観光客もたくさん見学に訪れています。岩手山をバックに青空と桜が綺麗~

  1405040536.jpg

私達は車の中から見学でしたが、ばっちり観ることが出来ました!ラッキー 

  1405040539.jpg

そのままR219号線→R212号線と進み、無事秋田街道R46号線と合流
ここまでくれば一安心。この付近の温泉を探しましょう!

まだ行った事がなかったつなぎ温泉が目に入った。
温泉本の中から何気に一軒の宿をピックアップ。つなぎ温泉・ひいなの丘 湖山荘
高台に建つ雰囲気の良い温泉宿。
しかし、ここも半端ないほどの駐車の車。どうしてこんなに!って思うほど混んでいます
GWというのは無論ですが、ここが混んでいたのには訳があったのです。
【老朽化により本館の建替えとお風呂の取り壊し、日帰り入浴の営業終了】だそうです。地元では評判のお風呂だとか・・
それを湯友さんの日記で読んだ記憶が・・思い出したのが後日・・忘れてたよ~
あ~無理してでも立ち寄って来れば良かったかな!

それなら以前立ち寄った鶯宿温泉がすぐ近くなので、源泉掛け流しがいいな~と一軒の宿をチョイス
温泉街より手前、宿に近づいて気づいたあれ  ココ前に立ち寄った宿だ~ 
前と同じ宿を選んだけど、良かったからここでOK!
小高い坂の途中に宿がある鶯宿温泉・湯の宿 川長山荘

  1405040540.jpg

裏手に玄関があり、山荘なんて名前だけど、館内は綺麗でぴかぴか~ お洒落で落ち着きある素敵な宿です

  1405040554.jpg

  1405040553.jpg

早速料金を払いロビー右の廊下の奥、男女別のお風呂へ

  1405040552.jpg

大浴場の内湯は子供の日が近いので菖蒲湯になっていました
温度は少し熱め。肌に優しいツルっとした肌さわり~
前に来たとき、回ってきた温泉が硫黄泉の湯が多く、ここに入ったとき肌がほっとした記憶がある
泉質:アルカリ性単純温泉

  1405040542.jpg

この宿はベビーにも優しく、ベビーバスや子供向きの低めの湯舟も設置されている

そして露天風呂 もちろん源泉掛け流し
10名ほど入れる広さ
景色は裏の山が見えるだけですが、屋根付きなので、日差しや雨でも大丈夫

  1405040546.jpg

  1405040549.jpg

鶯宿温泉からR46号線を走り、無事秋田県に到着。

ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

関連記事

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

みちのく二人旅 八幡平 ☆ 松川温泉 峡雲荘

八幡平山頂付近が雪のため、この日はアスピーテライン、樹海ラインのゲートは終日閉鎖。
今回、予定していた秋田側のゲートも通れないため、予定を大幅に変更となりました。
樹海ライン終点が岩手・松川温泉

当初、予定の段階でも松川温泉に立ち寄ろうか、思案していたところでした
丁度、ゲート閉鎖で松川温泉行きが余儀なくされたので、湯めぐりの予定に追加。

このゲートを出たすぐ横にある松川温泉・峡雲荘
秘湯を守る会のお宿で、松川地熱発電所が近くにあります

  1405040521.jpg

前回「松楓荘」に立ち寄りしたので、今回は「峡雲荘」に立ち寄りたかった~

しかし、ここもGWと、ゲート閉鎖で駐車場には凄い台数の車
館内はとても綺麗でシックなモダンな宿です。館内はピカピカ~ 
館内も人でいっぱい

  1405040528.jpg

  1405040526.jpg

ロビーから新館部屋の廊下を通り、奥にある大浴場へ

  1405040525.jpg

一番手前にあるのが混浴の露天風呂
廊下の窓から湯舟が見えますが、入っているのは男性のみ

  1405040523.jpg

なんと女性用の脱衣所は一応あるものの、湯舟を隔てて暖簾一枚 
着替えも大変そうだけど、この大勢いるお風呂に入るには勇気が要ります
残念だけど、今回はパス。この露天に入りたかったよ~(写真は借用)

  matukawa1.jpg

気を取り直して、男女別の大浴場へ

  1405040524.jpg

やはりお風呂も人でいっぱいです。
広めの内湯は綺麗な乳白色。少し熱めの湯ですが、籐七温泉の少し土気のある温泉の後なのでなんだかほっとします (HPより借用)
泉質:単純硫化水素泉

  ymatukawa3.jpg

そして露天風呂 (写真は借用)
青みかかった白色の湯が綺麗~
大きな岩が湯舟に置かれ、私はその岩を背もたれにしてしばしボーっと・・

  matukawa2.jpg

山の木々が生い茂ったら風情のある露天風呂でしょうね。

予定が変更になったため岩手からぐるっと回って秋田に向かわなければいけません
ナビを頼りにひとまず、東北自動車道方面に向かいます
途中、水芭蕉の群生地を見つけ遠くから鑑賞

  1405040530.jpg

ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

関連記事

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

みちのく二人旅 八幡平 ☆ 藤七温泉 彩雲荘 宿泊 (食事&続お風呂)

GW全般、ずーと穏やかなお天気が続く中、一番心配していた籐七温泉の宿泊日に大当たりの悪天候
そんなお天気を物ともせず、野趣あふれる混浴露天風呂を満喫。
お風呂編は→ http://geko818.blog.fc2.com/blog-entry-781.html

夕食は18時から宿泊者全員、1階の売店奥にある食堂&広間で、バイキング形式で頂きます。
前回は7名だけの宿泊者だったので、バイキングではなく個々のお膳でした。
メニュー内容も宿の雰囲気には似つかぬ繊細で、色とりどりの美味しい食事でした。
それがあったので食事を楽しみにしていました。

バイキングは、一斉に人が集まるので、狭いテーブルに並ぶ料理を取るのは大変。
まずは焼き魚、岩魚の塩焼きを一人一匹ずつ、後は二箇所のテーブルに置かれた山菜を中心とした料理が並びます
厨房に面したあたりには、お蕎麦や、煮物、蒸し物、天婦羅、から揚げ等々置かれています

  toshiti14.jpg

普段私達は宿泊した場合、夕食にバイキングを選ぶことがほとんどありません
目移りしながらも、この混み合った慌しい雰囲気はどうも苦手
席は相席。適当に場所を見つけて座ります

  toshiti4.jpg

料理の味付けは美味しかったけど、落ち着かなくて早々に食事を終わらせてしまいました

夕食後、混浴露天風呂が19:30から20:30まで女性入浴タイム
折角なので心置きなく入浴を楽しみましょうと、お風呂へ
夜は外の気温は相当寒そう。
そんな中、外の裸電球のような外灯が、強風で飛んでいってしまった!
外は真っ暗~。

翌朝は昨日のお天気が嘘のように澄んでいます。時間はまだ、5時前。
外は雪が降ったらしく薄っすらと白くなっている・・
除雪車?塩カル車が出動している。。山は雪か~

露天風呂に行くと“ココ(露天風呂)からの御来光を見に来た”と言うご夫婦と一緒になった。
ロビーに在った「露天風呂から朝日が見れます」ってあれ?
あれは東側の男女別の露天風呂からの事ですよと教えると少し残念そうです。
その後からも同じようにご来光を見に来た人が数名。。
ご来光は見れなかったけど、東の空が少しずつ明るくなって行くのを皆さんと湯舟に浸かりながら楽しむことが出来た

  toshiti5.jpg

因みに今回入浴不可だった女性用露天風呂 湯舟が二段になってます

  1105230403.jpg

朝食は7時30分からやはり1階食堂。バイキング形式
パンは無くご飯メニュー メニューも豊富に揃っています

  toshiti6.jpg

八幡平の山の清水とそれで入れたコーヒーが美味しかった~

  toshiti7.jpg

そして食事後、部屋に戻ろうとすると宿のご主人が個々に、『山頂に積雪があり、凍結しています。本日は八幡平アスピーテライン、樹海ラインのゲートは終日閉鎖です。宿泊者のみ松川温泉行きの樹海ラインからの通行が可能で10時にゲートを開けます。そこまで宿の車が先導しますので連絡がある10時まで部屋で待機をお願いします』とお話が・・終日閉鎖って事は、秋田側には行けないと言うことね~ 
予定を大幅に変更となってしまったけれど、それは仕方が無い。
外を見ればこんなに晴れているのにな~

  1405040486.jpg

出発予定の10時まで時間もあるので再びお風呂に入り、予定には無かった岩手側のルートを確認。
10時に宿の車に先導されて樹海ライン経由で宿を出発。無事岩手県松川温泉に到着

  toshiti8.jpg

宿のご主人にゲート前で見送られ3日目の湯めぐり旅の出発です


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

続きを読む

関連記事

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

みちのく二人旅 八幡平 ☆ 藤七温泉 彩雲荘 宿泊 (館内&お風呂)

八幡平・後生掛、蒸けの湯で入浴を済ませ雨の中今宵の宿に向かいます
標高が高くなるにつれ、雪の壁も高くなり、霧で視界はゼロ~

蒸けの湯温泉から八幡平山頂を超え、少し下った標高1400mの所にある藤七温泉・彩雲荘
秘湯を守り会のお宿です
山小屋風の外観、長年の風雪にさらされて年季がはいっています。

  1405030415.jpg

雨と風でかなりの寒さ。ここはまだ、春とは名ばかりの冬の世界
夜間通行止めの案内看板も宿の前に置いてあります。
立ち寄り客の方が時間を過ぎたら大変なことになるものね

  籐七

三年前ここに一人で宿泊したときは私を含め7名だった。
売店兼フロントで受付を済ませ、案内されて2階の部屋へ。
1階の廊下の建物がなかり傾いている・・
階段下に休憩所はゆういつ見ることができるTVが置いてあります。この宿は自家発電

  toshiti.jpg

部屋は本館 8畳。21号室 【シラネアオイ】 各部屋は植物の花の名前が付けられている 
小ざっぱりとしたシンプルな作り、クローゼットももちろん冷蔵庫、TVはありません。
部屋の隅が少し傾いてる。

  TOSHITI13.jpg

三年前に宿泊して、特別によかった訳じゃなかったけど、なぜ今回この宿を選んだだかって・・それはお風呂。八幡平のワイルドでダイナミックなロケーションの露天風呂を主人に満喫して欲しかったから~!

早速その、ダイナミックな露天風呂へ
お風呂の案内看板を見ると・・な、なんと、男女別のお風呂がある所は雪害で修理が必要で入れない。
外の露天風呂は女性用は入れない・・
ちょっとそれはないよ~ 

  1405030423.jpg

まあ、気を取り直してお風呂へ行きましょう~!外は半端ないほどの突風が吹いている。
廊下も外も寒い!寒い~!
普段ならパスしたいほどの天候だけど、折角このお風呂を楽しみに来たんだから!気合だ~ 
今回は混浴内湯だったところが女性用になり、その隣にある露天風呂は男性用に変わっていた。脱衣所は前回とは逆の作り

  籐七10

内湯で少し温まってから外の露天風呂へ
内湯は結構な広さ。後生掛、蒸けの湯にも似た少し泥が混じった濁り湯
泉質:単純硫黄泉

  1405040499.jpg

  1405040500.jpg

一応カランはあるけど、お湯は温泉なので少し濁った湯が出る。髪を洗っても泡も立たないし、砂も混じっているのでパサパサになる、今回は前回の教訓で髪は洗わず・・

  1405040510.jpg

そして露天風呂~
女性内湯から外に出ると、一番上にある露天風呂が見える
足場も風景もまるで野湯状態。雑然としてる・・
そこにはカップル二人が入っていて、主人を探します

  1405030443.jpg

主人は一番下にある湯舟に入ってる~
しかもこの湯舟、かなりぬるい~。ぬるすぎよ~ 
その上にあるホースからお湯が出ている湯舟に移動。
他の方もやはり寒くて入っていられず、皆でその湯舟にポチャリ

  1405030450.jpg

足元からプクプク湧出している割に温かくない
一番広い湯舟は水風呂でした
一番熱いのは一番上のカップルが入っている所
たまらずそのちょっと小ぶりな湯舟にお邪魔です

  1405030456.jpg

ここは源泉が流されているところに一番近いため、下から湧き出ているお湯も熱い。

  1405030428.jpg

これでこの突風の寒さに耐えられる。やっと温まった身体にプクプクの泡が気持ち良い~ 
 こんな風の中、皆さん、やはり根性で入ってました 

しかし、お風呂の話はこれで終わらない~

ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

関連記事

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

     
プロフィール

ゲコ

Author:ゲコ
☆温泉ソムリエ ゲコの日記へようこそ☆

秘湯、源泉掛け流しの温泉が大好き。
夫婦で行く湯めぐりが主ですが、時に一人でふらっと温泉を楽しんでいます。

新潟、北長野の温泉をメインに、最近は東北の温泉がとても気になっています。

過去の日記を整理しながら載せているため、お見苦しい点もあるかもしれません☆

最新記事
カテゴリ
過去ログ +

2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【15件】
2014年 05月 【23件】
2014年 04月 【15件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【8件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【14件】
2013年 11月 【15件】
2013年 10月 【21件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【21件】
2013年 07月 【14件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【15件】
2013年 03月 【12件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【5件】
2010年 12月 【6件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【27件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【7件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【6件】
2008年 12月 【6件】
2008年 11月 【5件】
2008年 10月 【7件】
2008年 09月 【6件】
2008年 08月 【18件】
2008年 07月 【7件】
2008年 06月 【6件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【4件】
2008年 03月 【3件】
2008年 02月 【1件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【9件】
2007年 10月 【7件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【10件】
2007年 07月 【7件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 03月 【1件】

月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03 
最新コメント
フリーエリア
ランキングに参加しています。 ポチッと押していただけると嬉しいです ♪
アクセスカウンター
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
883位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
温泉旅行
64位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
リンク
☆☆宿泊宿☆☆
宿泊した中でちょっと素敵と感じた温泉宿
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード