FC2ブログ

山形・さくらんぼ東根温泉☆松乃湯旅館

次に向かったのは松乃湯旅館

  1401260284.jpg

やや年季の入った懐かしい~感がするこぢんまりした温泉宿です。
宿のご主人が親切に温泉の説明をしてくれました

  1401260301.jpg

玄関左側に向かってすぐ、お風呂は男女別の内湯のみ。

  1401260286.jpg

脱衣所と浴槽の間の扉が二重になっていて、湯気を通りにくくしてあるような作り。
入って目に付くのが小ぶりな丸い湯舟と、浴室の境の壁がカラフルなガラスタイル~
なんともしびれるぅ~ 

  1401260289-1.jpg

お湯の色が黒いのかな?と思うほど濃い
肌さわりもツルトロ~ 温度も熱めの適温です
湯口は湯舟の中にあるためジャブジャブ湯の音がしなく静かに入れます
泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉

               1401260293.jpg


ここのお風呂気に入りました☆

ちなみに男性用の湯舟も少しだけ大振りな円形

  1401260296-1.jpg

ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

data-key="7571880"
data-button="button-1">Check

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

山形・さくらんぼ東根温泉☆いしの湯

銀山温泉から南下してさくらんぼ東根温泉を目指します
何度となくこのルートは通っていますが、東根温泉は初めて。
気になっていた温泉だったので楽しみ~

東根温泉は住宅地と商業施設との中に温泉宿や施設が点在している感じです
地図がないとわかり難いかも。
最初に立ち寄った共同湯・いしの湯

  1401260276.jpg

共同湯と言うより民家の様な佇まい・・。
  
  1401260281.jpg

休憩出来る場所もあり、ここでのんびりするのもいいかも。

  1401260282.jpg

男女別の内湯
少し段を下りた作りをしています
石壁に囲まれた作りがまさに「石の湯」
この近隣の温泉は無色透明な湯が多い中、東根の湯はモール系の様な黄褐色
熱めの湯ですが、ツルツルした肌さわり。

  1401260277-2.jpg

源泉口が湯舟の中ほどから出ているようで激熱~

東根の湯がこんなに良いとは知らなかった~

ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

data-key="7571880"
data-button="button-1">Check

関連記事

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

冬の銀山温泉☆古勢起屋別館

宿泊の宿を発つ前に銀山温泉の他の宿へ立ち寄り湯
ここは私達が3年前に宿泊した『古勢起屋別館
http://www.kosekiya.jp/index.html
  1401260267-1.jpg

前日に立ち寄ったら断られてしまい、翌日の10:00からならOKという事でしたが、この時対応した従業員が昨日の従業員と違ったため、手違い?食い違いで一反は断られてしまいました。
その態度に一同ムッとしながらもなんとか入浴できることに・・

内湯のみのお風呂ですが、男性用の風呂は川側で地下に降りて行きます

  1401260266.jpg

ステンドガラスがちょっとお洒落で雰囲気のよいお風呂

  1401260257.jpg

  1401260256.jpg

女性用はレトロな雰囲気

  1401260265.jpg

金太郎が鯉を抱いたひょうたん型のお風呂
二つに分かれた湯舟、手前は適温で良き湯です

  1401260261.jpg

  1401260260.jpg

温泉街を去る頃雪がちらちら~ 
やはり銀山温泉は雪が似合う

  1401260274-1.jpg


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

data-key="7571880"
data-button="button-1">Check

関連記事

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

冬の銀山温泉・能登屋旅館☆食事

今回宿泊した湯仲間メンバーは男女合わせて7名+日帰り1名。

各自夕食前の散策、お風呂を終え楽しみしていた夕食の時間
別館一階の食事処で頂きます

          notoyamesi5.jpg

目を引くのがとてもお洒落で色鮮やかな器の数々
まずはセッティングされた状態の料理 

  1401250170-1.jpg

地元、尾花沢牛のお鍋。とっても美味しいお肉です

  notoyamesi.jpg

鯉の甘露煮、寒天の様な豆腐。鮮やかなお皿はローストビーフ

  notoyamesi1.jpg

お造り、昆布巻き、ぜんまい煮、蟹の身たっぷりな茶碗蒸し、お蕎麦

  notoyamesi3.jpg

野菜もたくさん入ったタラ汁、凍らせたデザートのさくらんぼは美味~

  notoyamesi4.jpg

宿の女将がご挨拶に回ってきて、尾花沢名物のスイカの漬物と銀山温泉オリジナルの日本酒を持ってきて下さいました

                   sake_20140221175459c2f.jpg

私は食事前に大量の水分を取ってしまい、完食予定のはずがお腹一杯になってしまい折角の美味しい料理をすべて半分残してしまいました
食いしん坊な私としたことが、とても残念~
でも、どれも美味しかった~ 

やっと部屋に戻り、一休みしてまたまたお風呂~
そして2次会で頂いた釣りキチぬまさんお手製の「スルメ」
なんでも100杯ほど捕れる大量だったようです

なかなかの力作でとても美味しいスルメにびっくり!


翌朝も朝風呂に入って夕食と同じ食事処で朝食です
他の宿泊客の方と一緒です

            notoyamesi6.jpg

朝の食事も色鮮やかで朝食とは思えないほど豪華!
朝食には「おしん」銀山名物『大根飯』が頂けます
この大根飯が実に旨かった~ 皆さんお代わりも大根飯でした

  notoyamesi7.jpg

そして場所を変えラウンジのカフェで食後のコーヒーを頂きます
格子窓から外を眺め頂くコーヒーは格別

  1401260234.jpg

                    1401260237-1.jpg

湯仲間さんの提案で浴衣で写真撮影。
冊子の表紙にもなっていた同じ姿で気分は宿の女将~

  14012602464JPG.jpg

チェックアウトを済ませ、荷物を宿に置き銀山最後の立ち寄り湯へ向かいます



ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

data-key="7571880"
data-button="button-1">Check

関連記事

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

冬の銀山温泉・能登屋旅館☆お風呂

館内散策後は早速お風呂へ。

冬季間は貸切の展望露天風呂には入れないけど、館内に二箇所
まずは本館一階、ロビー横にある貸切『元湯・洞窟風呂
銀山温泉の源泉は銀山川にあり、そのためどの宿も川側にお風呂が多い

             1401260241.jpg

階段を数段下りた先にある洞窟風呂。

  1401250102.jpg

湯気で真っ白。
熱めでしたが源泉そのままの善き湯です

  1401250100.jpg

  1401250101-1.jpg

別館側にある大浴場
待合処も入り口も素敵

  1401250095.jpg

  1401250044.jpg

男女別の内湯と露天風呂があり、源泉を温度調節されて湯口に投入
加水用の蛇口は見当たりません

  1401250034.jpg

  1401250033-1.jpg

露天風呂は寒さも相まって気持ちがいい
露天でマッタリ~

  1401250036-1.jpg

銀山の温泉は湯上り後もしっとりと肌を潤す、含食塩硫化水素泉
何も付けずにいた手足もいつの間にかツルツル~ 

夕食前に日が落ちたガス灯が灯る銀山温泉街をふらりと散策

  1401250134-1.jpg

  1401250140.jpg

次は楽しみしていたお待ちかねの夕食~


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

data-key="7571880"
data-button="button-1">Check

関連記事

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

冬の銀山温泉・能登屋旅館☆レトロモダンな館内

銀山温泉、今宵の宿『能登屋旅館』は一年間休業し、2011年7月にリニューアルオープン。
木造の建物が美しい歴史ある外観はそのままに館内はきれいにリフォームされた秘湯の宿

  notoya12.jpg

ドラマ『おしん』の舞台として知られ、当時この宿全館を貸し切って撮影がされたと言う。
銀山温泉の中でもこの能登屋旅館は外せない一番の撮影ポイント。
たくさんの観光客が写真に収めています
館内カフェ・ラウンジ、お土産コーナーもあります

  notoya11.jpg

こんな素敵な宿に宿泊できたことがとても嬉しい~
赤い橋を渡った先、エレベーターで本館→別館へ。
館内は歴史を感じつつもレトロモダンで素敵~ 
HPで見るより調度品も季節の生け花も至る所に飾られて、実際のほうが数段素敵です
私達女子組の部屋は「せせらぎ」奥が男子部屋

  notaya1.jpg

広さ10畳と広縁。高い吹き抜けの天井が開放感ありで、こんな広く感じる部屋は始めてかも

  1401250130.jpg

               1401250025.jpg


そしてこの宿の素敵なところが宿の各階にある談話室
丁度外観から見ると玄関上の素敵な空間にあたる
まずは4階の新しい談話室
ステンドガラスと襖、和モダンなレトロチックさが素敵~ 

  1401250048.jpg

               1401250051-1_20140212115113538.jpg

                          1401250058.jpg

そして本館三階、二階の談話室

  1401250064-1.jpg

               1401250073.jpg

このレトロな窓枠からの温泉街の眺めもステキです

               1401250068.jpg

夜の景色もロマンチック~ 

               1401250163-1.jpg


次はお風呂。


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

data-key="7571880"
data-button="button-1">Check

関連記事

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

冬の銀山温泉☆家族風呂・共同湯・おもかげ湯

しろがね湯の入浴後、一旦宿に戻り、私達も浴衣に着替え予約の『おもかげ湯』へ。
温泉街の奥に位置する所にあります。
宿からは近いのですがうっかりすると素通りしてしまいそう。

女性と男性とで30分交代で入浴です
入浴料は1時間2000円。

  1401250112-1.jpg

入り口を入ると二箇所ドアがあり、どちらからも出入りできます
広さもまずまず。

  1401250107.jpg

  1401250110.jpg

なんでもこのおもかげ湯が一番源泉が濃いらしい。
先客の加水でお湯の温度は適温。
柔らかな肌さわりを感じます

おもかげ湯のすぐ横にある酒屋さん「八木橋商店
http://www.yagihashi-shouten.com/

  notoya6.jpg

前回銀山に来たときにこの八木橋商店でお勧めの銘酒を試飲

今回も同じく500円で試飲してきました。
美味しいけど、一気に酔いが・・

そうこうしていると陽が落ち始め銀山の街も灯りが燈り始めました

  1401250119.jpg

宿に戻って素敵な館内散策開始~

ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

data-key="7571880"
data-button="button-1">Check

関連記事

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

冬の銀山温泉☆共同湯・かじか湯&しろがね湯

一月の月末、一番雪の多いこの時期に湯仲間から山形・銀山温泉へのお誘い。
無事に山形入り出来るか本当に心配でした。

当日のお天気は極寒のこの時期には珍しく晴れのち曇り&雨。
今年は小雪で良かった~
今回は自他共に認める「晴れ女」の友人と一緒です

日本海東北道経由で山形・銀山温泉へ到着

  1401250013-2.jpg

仲間の皆さんはすでに銀山へ到着です。
本日のお宿は憧れの銀山温泉・能登屋旅館 秘湯を守る会の宿です
http://www.notoyaryokan.com/

  1401250015.jpg

  1401250019.jpg

3年ほど前に銀山温泉に訪れたとき、能登屋さんは改修工事中でした。
リニューアルされた素敵な館内は後ほど紹介するとして、外に散策に出かけた仲間を追っかけながら私達も散策&湯めぐり開始。

  1401250084-1.jpg

山形は雨。銀山はとても寒い地域なのですが雪も少なくあまり寒くありません
大正ロマン漂うノスタルジックな町並みは何度訪れても素敵です
まずは温泉街真ん中にある共同湯『大湯(かじか湯)
宿泊者は無料で入浴できます

  1401250094.jpg

  1401250080.jpg

浴室には誰もいません。
熱めの湯をザブザブ湯もみしながら無事入湯~
さらっとした肌さわりで柔らかなお湯です

  1401250081.jpg

熱いけど、冷えた体が一気にぽかぽか~

温泉街を散策しながら次の湯へ

外観の壁、特に古山閣の鏝絵(こてえ)が素敵

  1401250086.jpg

                1401250090-2.jpg

中国からの観光客が多く中国語が飛び交かっていました。
温泉街入り口にある「しろがね湯」に向かう途中、向こうから浴衣を着た一団体・・本日のお仲間とここで合流

皆さんは入浴を終えた後の様で、私達も急いで「しろがね湯」へ
宿からの無料入浴券が使えます
前回入浴したときは二階の三角状の狭い湯舟でしたが、今回は一階の四角い湯舟を利用(画像なし)

  1401250092.jpg

湯仲間がこの後、家族風呂として利用できる共同湯の「おもかげ湯」を予約してあると言う


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

data-key="7571880"
data-button="button-1">Check

関連記事

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

     
プロフィール

ゲコ

Author:ゲコ
☆温泉ソムリエ ゲコの日記へようこそ☆

秘湯、源泉掛け流しの温泉が大好き。
夫婦で行く湯めぐりが主ですが、時に一人でふらっと温泉を楽しんでいます。

新潟、北長野の温泉をメインに、最近は東北の温泉がとても気になっています。

過去の日記を整理しながら載せているため、お見苦しい点もあるかもしれません☆

最新記事
カテゴリ
過去ログ +

2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【15件】
2014年 05月 【23件】
2014年 04月 【15件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【8件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【14件】
2013年 11月 【15件】
2013年 10月 【21件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【21件】
2013年 07月 【14件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【15件】
2013年 03月 【12件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【5件】
2010年 12月 【6件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【27件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【7件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【6件】
2008年 12月 【6件】
2008年 11月 【5件】
2008年 10月 【7件】
2008年 09月 【6件】
2008年 08月 【18件】
2008年 07月 【7件】
2008年 06月 【6件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【4件】
2008年 03月 【3件】
2008年 02月 【1件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【9件】
2007年 10月 【7件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【10件】
2007年 07月 【7件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 03月 【1件】

月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03 
最新コメント
フリーエリア
ランキングに参加しています。 ポチッと押していただけると嬉しいです ♪
アクセスカウンター
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
667位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
温泉旅行
53位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
リンク
☆☆宿泊宿☆☆
宿泊した中でちょっと素敵と感じた温泉宿
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード