FC2ブログ

2013年・今年の〆湯・赤倉温泉☆ホテル秀山・七つの扉

今年も後わずかで終わりですね
年々一年が短くあっという間に過ぎてしまうと感じる私です。

今年最後の〆湯はお天気にも恵まれ昨日、午後から友人と妙高『赤倉温泉』へ
スキー場の積雪もまずまずあるようで、スキー、スノボの若者、家族連れも多く見かけました。

  1312300024.jpg

お気に入りの赤倉ホテルに行こうか迷いながらも、友人は行ったことが無いと言うので、以前春に立ち寄って良かったホテル秀山・七つの扉に決定!
http://www.shuzan.co.jp/
                 1312300002.jpg

宿自体は古いですが、館内ロビー、ラウンジは素敵な雰囲気

  1312300001.jpg

  1312300015.jpg

早速地下にあるお風呂へ
広い二つの湯舟の内湯
温度も丁度で細かな湯花が舞っています

  1312300012.jpg

露天風呂の目の前がゲレンデ。
目の前をスキー、スノボまたはソリに乗った人が行き交うので、ちょっと冷や冷やしながらもぬる目の温度が気持ち良い~ 

  1312300005.jpg

  1312300007.jpg

湯上りポカポカで汗も引かぬ状態の中、小腹が空いたので秀山の目の前にある「食堂こやま」で私はラーメン友人は赤倉名物『レッド焼きそば』を注文
真っ赤な麺はトマト味で見た目より優しい美味しい焼きそばでした

  koyama.jpg

今年もゲコの日記にお付き合いありがとうございました。
皆様良いお年をお迎え下さい。

来年も善き湯に出会えるそんな日記が書けたらと思っています

☆ 2014年が皆様にとって 良い年になりますように ☆


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

data-key="7571880"
data-button="button-1">Check

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

新潟・長岡☆江口だんご本店

高速には乗らず下道で柏崎方面に向かっていると、今年の夏長岡の花火を観に来たときに前を通った江口だんご本店が見えてきました
http://www.e-dango.com/

友人も気になっていたお店だったので迷わず立ち寄り

        egutidango8_2013123113441924b.jpg

古民家を移築した建物からはどっしりとした店構えを感じます
たくさんの和菓子が並ぶ店舗ではかまどがあったり、製作中の笹だんごの実演がされたりと見るだけでも楽しめます

  egutidango2_20131231134420744.jpg

丁度お昼時だったのでこちらの2階にある甘味処で昼食です
素敵な和の雰囲気

  egutidando10.jpg

吹き抜けの二階からは下の店舗の様子が見えます

  1312160256.jpg

ちょっと奮発して『江口御膳』1700円を注文
最初に一の膳が運ばれてきて
次に二の膳。長岡のお赤飯は長岡赤飯と呼ばれ、地酒と地元の醤油で味付けされた独特なもの
醤油味も美味です

  egutidango5.jpg

三の膳は甘味物・あんみつです
私はコーヒーをいただき、友人はお抹茶

  egutidango6.jpg

お抹茶は、目の前で点ててくれています

            1312160272-1.jpg

美味しい食事をいただき、串だんごと別棟に洋菓子も扱っているので、すぐに売切れてしまう人気の雪甘月(ゆきかんげつ)ロールを一本家のお土産に購入

  1312160277.jpg

この雪甘月ロールが家族にも好評~  シンプルながら実に美味しかった!

  egutidango9.jpg


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

data-key="7571880"
data-button="button-1">Check

関連記事

テーマ : お店紹介
ジャンル : グルメ

中越の旅・長岡☆源泉掛捨て 寺宝温泉・こだわりの湯

中越の旅二日目。
宿を後にして行き当たりばったりでしたが、以前行って良かったので長岡IC近くにある寺宝温泉・こだわりの湯
http://eigyou.0258.jp/~jihou/

  1312160243.jpg

以前在った日帰り施設は取り壊され、宿泊棟が日帰りを兼ねた施設になっていました
源泉掛け捨てと言うこだわりの湯
たぶんお風呂設備はそのままのよう
男女別の浴室は二つの温度の違う湯舟。
期待した泡付きは感じられませんでしたが、ツルっとした優しい肌さわりは以前と変わらず
そして露天風呂
岩風呂と木の湯舟がありましたが、低温のため木のお風呂には誰も入っていません

  1312160247.jpg

  1312160246.jpg

少し黄色味かかった源泉は湯舟が大きいのかあまり泡つきがなく、以前日帰り施設に在った小ぶりの源泉槽は感動的な泡つきが感じれたのでなんだか残念
もう一つの岩風呂は少し温かく適温、大人気で常連さんが長湯を楽しんでいました(写真はHPより)

             00102783b_400[1]

こちらの施設はシャワーもカランも温泉使用


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

data-key="7571880"
data-button="button-1">Check

関連記事

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

越後長野温泉 ☆妙湶和樂 嵐渓荘 食事編

嵐渓荘のお風呂を堪能した後は楽しみにしていた夕食です。
今回は料理少し控えめコース。フルコースより数品少ないようですが、それでも評判のよいこちらの料理、楽しみです~

食事処でいただきます。
シックな広い個室で雰囲気だけでも嬉しく感じます

  ran.jpg

最初にセッティングされている『山里会席』料理を見ただけでも、器も綺麗で美味しそう~
すべての料理は湧水(真木の清水)を利用とのこと

  1312150176.jpg

前菜

    ラン1

太い一本煮のぜんまいはこちらの名物。数種の実をブレンドした食前酒
事前にお造りを川と海のどちらかをチョイス。今回は海で

    ran 2

牛の石焼き。焼き物はやはり川か海の物をチョイス。これは友人が川魚好きななので川で。

    ran3.jpg

最後にご飯と汁物デザート

    ran4.jpg

派手さはありませんが、とても美味しく美しく控え目でも十分な量で大満足

部屋に戻り、9時前にTVを見ながら私は爆睡してしまいました
友人はその後お風呂、深夜のTVを堪能したそうですが、私はびくともせず夢の中~

そんな私は早朝朝湯に入り、再び二度寝で朝食の電話で目が覚めた~
慌てて昨夜と同じ食事処へ
こちらの朝粥が美味しいと聞いていました。
これが食べたくて!温泉で炊いた『温泉粥
あの昆布茶のような塩味だったら美味しくないわけがない
料理も朝にしては豪華です
お刺身なんかも付いちゃってます

      らn5

お粥が本当に美味しい~。ほんのり甘みのある塩味。
そうそう、この宿の近くにこの山塩を使ったラーメン屋さんがあるけど、以前食べたそこの山塩ラーメンも美味しかったな~

お風呂も料理も大満足~幸せ気分で宿を後にします


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

data-key="7571880"
data-button="button-1">Check

関連記事

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

越後長野温泉☆ 妙湶和樂 嵐渓荘 お風呂編

部屋で寛いでチェックイン時に予約した山の湯の貸切風呂『石風呂』へ
このお風呂までの回廊から見る宿の雪景色

  ran10.jpg

  1312150129.jpg

山の湯の湯上り処が素敵なんです

  1312150126.jpg

  1312150171.jpg

内湯と露天風呂があり、この二つが貸切なんて贅沢~ 
貸切時間以外は男女別になっています
内湯はボイラーの故障で少しぬる湯でしたが、のんびり浸かれて良かった
この温泉の泉質がナトリウム-塩化物冷鉱泉(高張性 中性 冷鉱泉)

1312150111.jpg

強食塩冷鉱泉で味はまるで昆布茶の様な旨さ!
この温泉で頂く明日の朝食温泉粥が超~楽しみ~ 

露天からは雪見風呂を楽しめ友人と貸切を存分に満喫

1312150121.jpg

新館側にあるのが男女別の大浴場

ran7.jpg

湯気が立ち込めていますが、広い内湯と小ぶりな露天風呂

1312150151.jpg

夕食後に再び入浴時は深々と雪が降っていました

1312150157.jpg

そして翌朝、まだ日の出前の早朝に、女性時間になっていた山の湯の『深風呂

1312160211.jpg

ライトアップされ、ちらちら雪が降る景色を見ながら130㎝ほどの深湯は快適

1312160222.jpg

             1312160225.jpg

回廊から見える宿のライトアップ

  1312150208.jpg


そして楽しみな食事・・。


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

data-key="7571880"
data-button="button-1">Check

関連記事

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

越後長野温泉☆ 妙湶和樂 嵐渓荘  館内編

寺泊から三条市の山間からまた少し入った守門川沿いにある秘湯の宿越後長野温泉 妙湶和樂 嵐渓荘
http://www.rankei.com/

  ran6.jpg

『2011年の7月に中越地域に発生した大雨による大増水で宿の前の吊り橋は流され、宿自体も一階部分にも相当な被害があったようです
この宿は守門川の中州に建っているため、過去にも何度も水害に見舞われている』

私も友人も何度か日帰りで嵐渓荘を訪れていて、この宿はいつか宿泊したい宿の一つになっていました
昭和初期の料亭を移築した本館。建物は国登録有形文化財に登録されています
雪の嵐渓荘は初めてです
1312150096.jpg

館内はレトロ&モダンで素敵な雰囲気。
フロント

  1312150105.jpg

  1312150166.jpg

ラウンジも素敵です

  1312150145.jpg

  1312150203.jpg

部屋は全17室。本館、新館、旧館とあり趣の違いを感じます
今回宿泊の部屋は山手に面した木造平屋の旧館「りんどう館」
貸切風呂のある場所に一番近い部屋です

  ran8.jpg

旧館ながら綺麗にリニューアルされているためトイレもあり、一番安い料金にもかかわらず快適な部屋です

  1312150107.jpg

旧館のため廊下等は寒いのですが、渡り廊下、お風呂とあちこちにヒーターが置かれ暖房費も相当だろうな~と思うほど。
夜の部屋の窓から見えるライトアップされた景色も素敵です

  1312150210.jpg

チェックイン時に予約した貸切風呂「山の湯」はお気に入りの『石風呂

それではお風呂へ~


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

data-key="7571880"
data-button="button-1">Check

関連記事

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

新潟・中越☆寺泊温泉・湯元北新館

12月の中旬、友人と新潟・中越方面に一泊で出かけてきました。
数日前からの寒波到来で寒いお出かけ日和
のんびり下道ドライブで中越・寺泊へ。

寺泊海岸より少し山手にある寺泊温泉・湯元北新館
http://hokushinkan.net/
到着時には少し雪が舞っていました

  1312150079.jpg

  1312150053.jpg

小さな宿ですが、綺麗で清潔感ある館内。

  teradomari3.jpg

口コミの評判もよく料理も良いとこと
この付近の温泉はあまりピンとくるものがなかったのですが、この辺りでは2種類の源泉をもつ寺泊唯一の湯元だと言う。
掃除時間と重なり、30分ほど待たされて早速お風呂へ。
男女別のお風呂には透明な湯と少し茶褐色の二つの湯舟。
湯気でモウモウとしています

  1312150069.jpg

画像がわかり難いのでHPより拝借

  Y306170015[1]

無色透明な湯は少し、肌にしっとり~美肌の湯
もう一つの茶色の湯は温めでのんびり長湯が出来るほど
寺泊の温泉もなかなかよき湯です

丁度お昼時。寺泊のアメ横に到着
本日のもう一つの目的、

1312150080.jpg

新鮮な魚介類が美味しそう~
一軒のお店で昼食です

1312150085-1.jpg

蟹一杯付きの蟹御膳
蟹の身がのったご飯も蟹汁も美味しい~

  1312150087-1.jpg

昼食を済ませ、寺泊から1時間少しかかる宿に向かいます
途中小腹が空いてティータイムのはずが・・

  1312150091.jpg

山手に向かいほど海岸では無かった積雪が目に付きます



ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

data-key="7571880"
data-button="button-1">Check

関連記事

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

群馬の旅-二 鹿沢温泉☆紅葉館

群馬・中之条町、嬬恋村周辺は温泉の宝庫。
どこに行こうか迷います
今回は以前から気になっていた群馬と長野の県境近い鹿沢温泉へ。
鹿沢温泉は「雪山賛歌発祥の地
大正7年の大火により、多くの宿が消失この地にあるのは鹿沢温泉・紅葉館のみ。
http://www3.ocn.ne.jp/~koyokan/
  1311240578.jpg

今年6月に宿がリニューアルされて山小屋風の建物に生まれ変わっていました
立ち寄り入浴は旧館のお蕎麦屋の方から入ります
座敷を抜けて「雲井の湯」の浴室へ

  1311240579.jpg

  1311240581.jpg

浴槽内は歴史を感じる渋さで私好みの木造り
温泉成分が木の湯舟の淵に付着してこれがまた堪らない~ 

  1311240588.jpg

仕切りの壁には壁画がレリーフで描かれています

  1311240589.jpg

湯舟のお湯とは別の源泉が打たせのように竹筒から落とされていて、それがカランとシャワーを兼ねているようです。
熱いと言われている温度も気持ちよく感じる。
青みかかったお湯は微白濁で炭酸&鉄分を含んだ感じ。

  1311240595.jpg

レトロ&歴史を感じながらの群馬の旅 宿と温泉とても素敵な旅でした。


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

data-key="7571880"
data-button="button-1">Check

関連記事

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

群馬の旅-二 四万温泉☆御夢想の湯

宿泊の中生館を出てすぐ目の前が共同浴場・御夢想の湯
前日、宿に到着してから入ろうとしたら営業は15時まで。。
四万温泉発祥の温泉と言われる御夢想の湯の外観は堂々たる風格。
1311240574.jpg
 
私は再訪だけど、主人は初めて。
浴室は脱衣所から階段を下りた先、川側にあります

  1311240572.jpg

  1311240563.jpg

岩をくり抜いたような湯舟。二人も入ればいっぱいになりそう

  1311240569.jpg

温度も適温で高い天井が気持ちよく感じる

御夢想の湯の前に国指定の重要文化財「日向見薬師堂
茅葺屋根が美しい

  1311240561.jpg

久しぶりの四万温泉を後にします

  1311240575.jpg


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

data-key="7571880"
data-button="button-1">Check

関連記事

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

群馬の旅-二 四万温泉☆中生館 (宿泊)

招待で法師温泉に宿泊が決まり、“どうせなら四万温泉辺りで一泊しよう~”なんて暢気に一言 
慌てて宿を探したけど、旅行社からの返事が遅かったので、四万温泉の主たる宿は何処もいっぱい。
やっと取れたのが四万温泉の最奥にある中生館
http://www.chuseikan.jp/
  
  tiyu.jpg

年季の入った宿の佇まいが前日の宿とはまた違ったギャップ
まあ、これが本来私達の姿、今宵の宿を楽しみましょう~♪

  tiyu2.jpg
なんでも新館は部屋は改装して新しいらしい、今回私達は本館の一番安いプラン。1万円でお釣りがくる。
部屋は6畳の川側。

  1311230456.jpg

窓の外には今の時期は入れない(5月中旬~10月中旬)野天風呂「かじかの湯」が、湯気を上げながら落ち葉に埋もれてる~ 

      1311240545-1.jpg

お風呂は女性用内湯、男性用内湯&露天風呂のみで19~21時まで男女入れ替り制
本日は満室だと言う
お風呂は一階川側。浴室の入り口にはタオルが使い放題。
混浴の「かじかの湯」が入れる時期はここに露天風呂用のバスタオルが置いてあるようです。
脱衣所は旅館の脱衣所というより小屋の中にいるようなB級さ、お洒落な宿にはない手造り感が漂う

  tiyu3.jpg

右側が女性用・槙の湯
二人でいっぱいになりそうなほど小さな木枠の湯舟
温度も温めで今は緑が無いけど、緑濃い時期は内湯でも景色が良さそう
カランはシャワーが一つ

  1311240539.jpg

男性用・薬師の湯
内湯がまたなんとも野趣あふれた岩造り
温泉好きにはそそられる造りかも。やはり景色がよく映りそう~
温度も少し熱め。

  1311230468.jpg

そして露天風呂
またまたそっけないほど素朴&ワイルド。

  1311230471.jpg

こちらは温め。思ったよりも小ぶりで浅めな造り。


そして期待はしていないけど楽しみな夕食です
ところが・・意外や意外!
豪華ではないにしろあの値段で良いの?と思うほど素朴ながらご馳走です

  1311230476.jpg

一気出しですが、味付けが良かった。
いつも何かしらぶつぶつ言う主人がこの味噌仕立ての鍋のお汁まで平らげた 

  tiyu4.jpg

この緑色の小鉢は柿の和え物

  tiyu5.jpg

夜の女性時間帯に薬師の湯へ
満室だと言うのにお風呂では誰にも会わない。
薄明かりの中で至福の時間~ 

  1311230518.jpg

翌朝、のんびり起床。先日と同じく朝食はお膳で運ばれてきます
シンプルな朝食です

  1311240526.jpg

お風呂に入って、チェックアウト


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

data-key="7571880"
data-button="button-1">Check

関連記事

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

     
プロフィール

ゲコ

Author:ゲコ
☆温泉ソムリエ ゲコの日記へようこそ☆

秘湯、源泉掛け流しの温泉が大好き。
夫婦で行く湯めぐりが主ですが、時に一人でふらっと温泉を楽しんでいます。

新潟、北長野の温泉をメインに、最近は東北の温泉がとても気になっています。

過去の日記を整理しながら載せているため、お見苦しい点もあるかもしれません☆

最新記事
カテゴリ
過去ログ +

2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【15件】
2014年 05月 【23件】
2014年 04月 【15件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【8件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【14件】
2013年 11月 【15件】
2013年 10月 【21件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【21件】
2013年 07月 【14件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【15件】
2013年 03月 【12件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【5件】
2010年 12月 【6件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【27件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【7件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【6件】
2008年 12月 【6件】
2008年 11月 【5件】
2008年 10月 【7件】
2008年 09月 【6件】
2008年 08月 【18件】
2008年 07月 【7件】
2008年 06月 【6件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【4件】
2008年 03月 【3件】
2008年 02月 【1件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【9件】
2007年 10月 【7件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【10件】
2007年 07月 【7件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 03月 【1件】

月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03 
最新コメント
フリーエリア
ランキングに参加しています。 ポチッと押していただけると嬉しいです ♪
アクセスカウンター
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
883位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
温泉旅行
64位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
リンク
☆☆宿泊宿☆☆
宿泊した中でちょっと素敵と感じた温泉宿
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード