FC2ブログ

ランプの灯が燈る中で☆駒の湯温泉・駒の湯山荘 その3

自家発電のためTVもない、携帯も圏外で繋がらない駒の湯温泉。
暑いのでひたすら温泉三昧&昼寝~
夕食は6時から食堂でいただきます。
日も暮れてきた中、ランプの灯りの下で頂く食事です
ちょっと画像がボケ気味で暗いのですが・・
食事が始まると宿のご主人が食事内容の説明とランプの取り扱い方の説明を始めました。

  1308110156.jpg

  1308110161.jpg

食事中に各部屋のランプに灯りを燈しておくと言う。
食器として使われている漆塗りの赤い立派なお膳は江戸時代から大事に使われている物らしい。
温泉水で洗うことで品質が保たれているとのことです
地元で採れた野菜、山菜をメインにした素朴な食事です。

  komanoyu.jpg

食前酒のまたたび酒。以前はウエルカムドリンクとして提供されていた様。
このお酒は疲労回復に効果あり!
一時食用問題でメニューからなくなったユッケが宿の食事に出されていました。
揚げたての大きなシイタケ、姫竹、長芋の天ぷらも熱々を新潟の下越で採れる笹川流れの塩で頂きます。
この塩がまた美味しい~
焼き立ての岩魚。新潟の郷土食ののっぺ汁。上越ではこののっぺは片栗粉でトロトロにして煮物風にします。
素朴ながらどれも美味しく、お腹一杯です。
手作りチマキは食べきれず部屋に持ち帰りです

夕食後、無風状態の部屋は暑い!
部屋に燈された灯油ランプの灯りが幻想的~ 

                 1308110171.jpg
                    
日暮れを待って入ることにした日帰り専用の駒の湯休憩舎
薄暗い灯りの中アブもいません。

  1308110088.jpg

  1308110092.jpg

写真は昼間のものですが、ザブザブ勢いよく流れてる~
この噴水のような勢いだけでも見る価値のある湯舟です
のんびり~のんびり~湯に浸かる~

  1308110094.jpg

  1308110167.jpg

女性用の湯舟も混浴の勢いに負けていません。
小ぶりな湯舟ながら鮮度も抜群!湯口からざぶざぶ~

  1308110100.jpg

ただ、この休憩舎今年いっぱいでは工事は完成しない様子。

部屋に戻り、外のもう一つのメインの露天風呂に入る予定が、心地よく冷えた体に睡魔が遅い早々就寝~

翌朝はやはり早めに目が覚めた!
隣では主人はまだ夢の中~
5時になれば空も明るい!主人を起こし、早朝風呂狙いでお目当ての露天風呂へ
道を照らす灯りがまたいい雰囲気。

 1308120173.jpg  1308120174.jpg

本当ならこの様な湯小屋で湯浴みを楽しむ予定だったけど・・
(画像は勝手に拝借)

               15001054_2401_2[1]
 

無残にも何もないまさに野天風呂状態。これもまた貴重な体験かも

サブサブの湯量はそのままここだけ源泉が違い駒の湯一号源泉
いないと思っていたアブが一匹だけなぜか主人に付きまとう

  1308120175.jpg

  1308120176.jpg

誰も来ない露天風呂を思いっきり堪能して、私は女性内湯へ
そして朝食の時間です。前夜と同じ食堂で頂きます
朝食もシンプル、健康的な山の幸
 
新潟の茶豆産地で採れた豆の味がとても濃い豆腐。
納豆は大賞を取った事があると言う栃尾又温泉自在館でも出された地元の大粒納豆。
美味しく朝食も頂きました。

  1308120201.jpg

 1308120204.jpg  1308120205.jpg

無料で飲める朝のコーヒーも頂きながら、出発ものんびり駒の湯を後にしました。
今回お世話になったランプの灯りの数々
 
  koma2.jpg

古い宿ですが清潔で館内もピカピカ、素朴な接客ながら心通う立ち振る舞いと、食事。
肌がしっとりする美肌の湯の素晴らしい温泉はまた訪れたいと思わせる素敵な宿でした
今度はアブがいなくなった辺りにまた訪れたいな~

二日目、前日は入れなかった温泉目指し湯めぐり開始!


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

毎分二千リットル@駒の湯温泉・駒の湯山荘 温泉編 その2

館内から湯棟への階段を下りて行くと、内湯の入り口も蚊帳で覆われています

  1308110056.jpg

駒の湯温泉は二つの源泉合わせて毎分二千リットルもの湯量がザブザブ掛け流され、33度と言う暑い夏場には嬉しいぬる湯です。

まずは女性用内湯
加温槽は一人分程度、ここの浴槽は一見ザブザブではないけれど、湯舟の縁のところからどんどん流れている。
温湯が最高に気持ちがいい~
この温湯に入ってしまうと、しばし暑さを忘れることが出来て幸せ~
私的にはこの湯が一番泡つきが強く、細かな白湯花があり一番気に入ってしまった。一時間は十分入って入れる。
後からも何度も入った湯舟です
泉質:アルカリ性単純温泉。駒の湯二号源泉

  1308110021.jp  g

お隣にある混浴内湯
女性用とほぼ同じ造り。加温槽が少し大きく3名程度は入れる感じ
女性用の脱衣所から混浴へ移動も出来る

  1308110029.jpg

そして、内湯の奥に貸切露天風呂が二箇所。
予約も時間制限もなし、空いていればいつでもOK~
札を裏返して「使用中」にして入ります

 1308110037.jpg  1308110039.jpg

まずは下の方の貸切風呂へ
やはり蚊帳でお風呂を囲っています

 1308110054.jpg  1308110049.jpg

少し広めの空間と蚊帳を通して見る外の景色も乙な物
駒の湯二号源泉

  1308110042.jpg

一度に入ったわけではないけれど、TVもないし、部屋に戻れば暑い!
昼寝をしたって夕飯までは十分時間がある=お風呂でしょう~

もう一つの貸切へ
他の方が行かれた記事を読んでいつも疑問に思っていたもう一つの貸切です。
今回解決出来ました。
ウッドデッキ風の空間と蚊帳で覆われたお風呂

  1308110126.jpg  

  1308110127.jpg

そして、この赤い色の正体は・・天井の屋根に使われているシートが赤い色なのでこんな艶かしい色のお風呂になっているんだ~!
こちらも同じく駒の湯二号源泉

  1308110129.jpg

  1308110137.jpg

お風呂の雰囲気は良いのにこの赤がイメージダウンのような気がする
この赤が良いと言う人も中にはいるんだろうな~
なんだか落ち着かないよ~

そして今回一番楽しみにしていた露天風呂。

 1308110057.jp<br />g  1308110058.jpg

しかし、7月の大雨で湯小屋が流木に当たり、小屋ごと壊れてしまったらしい
なのでアブの多いこの時期は、とても怖くて昼間は入れない 
とりあえず写真だけ撮って、入浴は日が暮れてからにしよう!
駒の湯一号源泉

  1308110063.jpg

  1308110077.jpg


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 
関連記事

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

新潟・駒の湯温泉・駒の湯山荘☆自家発電・ランプの宿 その1

今回のお盆の温泉旅は以前から気になっていた温泉宿へ。
夏場はやっぱり温湯でしょう~。ここ最近のお盆休みは温湯狙いで宿を選んでいる感じ。

遅い出発で小出、魚沼付近に到着したのがお昼近く、立ち寄り湯を考えていた所がお湯を入れ替えたばかりで3時間ほどかかると言う、ならば明日また来ますとあきらめ、昼食を挟んでのんびり宿に向かいます。
宿のチェックインは13時からOK。
湯之谷温泉郷の見慣れた景色を見ながらどんどん山奥に入っていきます

  1308120219.jpg

  1308120218.jpg

秘湯の宿。自家発電のランプの宿です。携帯も圏外。
日帰りでは何度かお邪魔していて、夏場の暑い日には最高。
ただね。ここもアブの多発地帯。車を泊めてもすぐには出れない状態
駒の湯温泉・ランプの宿・駒の湯山荘
http://komanoyu.exblog.jp/ 

  1308110086.jpg

  1308110107.jpg

  1308110110.jpg

温泉真珠プロジェクトと言う養殖の真珠作りを数年前から取り組んでいるようで、お土産に淡水真珠を一人一つ今ならプレゼント中。
アブが多いので宿中蚊帳が張られている、キンチョール、防虫剤なんかももう、あちこち置きまくり

  1308110084.jpg

  1308110085.jpg

  1308110017.jpg

部屋は別館2F。自家発電の宿なのでエアコンなんかありません。
部屋のドアも開けっ放しで、すだれを目隠しに出来るように作られている

  1308120208.jpg

布団はすでに敷かれていて、いつでも横になれちゃう

  1308110012.jpg

  1308110013.jpg

ランプの宿ですが一つは2008年から安全のために電気のランプともう一つは本物の灯油ランプを使用。雰囲気出てます~

  1308110015.jpg

 1308110141.jpg  1308110142.jpg

川が裏に流れていて結構音が凄い。これで私は寝れるか心配になってしまった。
早めの到着なのでお客はまだ数名程度の様子。
本館と別館の丁度真ん中辺りが温泉棟。やはり厳重に蚊帳で覆われている

  1308110112.jpg

  1308110113.jpg

部屋に置いたある浴衣の他にも別に浴衣が置いてあったり、棚の一番下にある赤い物は女性の混浴風呂に入る用のタオル。普通の綿タオルではなく、乾きの早いマイクロファイバーバスタオル。
こんなサービスはとれも嬉しい~ 

                1308110082.jpg

早速恒例の宿の散策をしながら温泉へ。


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 
関連記事

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

燕温泉・河原の湯

湯めぐりに新潟へ立ち寄る湯友さんのお誘いで燕温泉・河原の湯に行ってきました。

待ち合わせの当日、私は勤務の休みを、一週間後と勘違いして予定を見てしまっていた。
一日お付き合いが出来る休日と、連絡をもらって返事をしてから間違いに気がついた・・

本当なら早朝の朝湯がベストなんだけど、日も高くなり少し暑くなり出した燕温泉。

  1307220003.jpg

入浴するには人が少ない時間帯で、期待がもてる気はするんだけれど~
いつもの温泉街の坂を上り、河原の湯への砂利道を二人で賑やかに会話しながら進みます。
橋は相変わらず工事中、迂回の狭い階段と橋を渡ります。

  1307220005.jpg

  1307220030.jpg

見えてきました!河原の湯

  1307220008.jpg

おや~ なにか看板と案内。
維持管理費」の案内でした。
確かに無料で入れる露天風呂だけど、この付近は豪雪地帯。そして土砂崩れ地域でもあり、この露天風呂を管理するだけでも相当な出費が出ていると思う。
有志での協力を募っています。

  1307220010.jpg

  1307220011.jpg


これからもこの露天風呂を気持ちよく使用させていただくために気持ちだけでも協力いたしましょう!

そして。。。誰か居るかな~
ムフフ~ 居ないよ~ 
先日に続き、私と湯友さんと独泉~♪

  1307220028.jpg

残念な事に居たのは人ではなくてアブリーナ~
ソロソロ出没しだす時期。ハエ叩きも露天風呂に常備されていました。
アブリーナを警戒しながら、結構な熱さを感じる河原の湯を満喫
  1307220023.jpg
 
あまり長湯はしませんでしたが、二人でのんびり乳白色の湯を堪能!

私と湯友さんとは燕温泉でお別れ、湯友さんはもう一つの露天風呂・黄金の湯、そして赤倉温泉へと湯巡り巡業。


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 
関連記事

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

長野・戸倉上山田温泉☆ホテル晴山~美人女将のいる宿 

筑北村から20~30分ほど山越えするとそこは千曲市。
そう本来の目的地戸倉上山田温泉へ。
共同湯は今回パスにして、立ち寄りが出来る繁華街(ネオン街)の近く、山手側にあるホテル晴山
http://e-seizan.com/外観は一昔前の団体様向けホテル風。館内はちょっと古めですが清潔で綺麗。

  1307200027.jpg

  1307200039.jpg

案内の若い女性の方がかなりの美人さん。(HPに写真あり)
立ち寄りの私達なのに丁寧な対応が好感度アップ~ 
毎月26日風呂の日は各旅館のお風呂も無料で入れると教えてくれた

お風呂は4F、展望風呂。
内湯のみですが、浴室の造りが開放感と日差しを感じるお風呂です
硫黄の匂いもしっかり感じ、源泉掛け流し。
湯口付近には白湯花がぷかぷか。
泉質:単純硫黄泉

  1307200033.jpg

  1307200036.jpg

熱めですが、気持ちよく入れる温度です。
男性風呂も誰もいなかったのでちょっと失礼。。

  1307200038.jpg

熱いため長湯は出来ませんでしたが、上山田温泉らしいお湯を堪能~
帰り間際に宿の女将さんらしき方を見かけた
友人いわく、女将さんも綺麗な人だわ~。先っきの若い娘さんとは親子かも・・
美肌の湯と美人女将の宿、戸倉上山田温泉

そしてランチは温泉街南側で見つけたソアーヴェ

  1307200054.jpg

  1307200044.jpg

ランチメニューをチョイス。最近私達イタリアンばかりだね
シンプルパスタも美味しくいただきました。

  kami7.jpg


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 
関連記事

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

長野・草湯温泉・冠着荘

友人と半日という時間制限の中長野へ
千曲市(更埴IC)の予定が分岐で間違えてしまったため、聖高原のある麻績ICで降りる羽目に・・

この辺りはあまりなじみのない土地柄。
折角なので一つくらいは温泉でも入ろうかと案内看板にあった草湯温泉・冠着荘へ。
草津温泉と紛らわしい温泉名。。
http://www.kamurikiso.jp/高台に立つ公共の保養センター

  1307200026.jpg

  1307200016.jpg

  1307200025.jpg

時間もオープンすぐだったため、誰もいなく貸しきり状態。
癖も特徴もあまりない無色透明な湯。
源泉温度が低いためなのか半循環。高台といってもさほど願望を楽しむという感じでもなくあっさり浸かって退散

  1307200018.jpg

この辺りは近くに別所温泉、田沢温泉等有名所の温泉地があるため、知名度が低いかな。

  1307200024.jpg



ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 
関連記事

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

新潟・清津峡温泉・清津館☆大量のズッキーニ

連休最終日、毎年ズッキーニの収穫にお手伝いに来ている湯友さんから栄村にズッキーニをもらいに立ち寄り。
規格はずれのズッキーニが大量にあり、あちこち送っても処分しきれないというのです。
昨年も大量に頂いたけど、今年はもっと凄い!

  1307150033.jpg

  1307150034.jpg

作業場には山積みのズッキーニ。みかん箱3つほど頂いて来てしまいました。花が付いているのは、このままてんぷらにすると甘みがあり美味しいのです

  1307150032.jpg

主人も今日、職場で捌くと一箱持って行きました。
家に帰る途中、友人の家や兄弟の家に配って回りまだ、一箱が残った。
明日は私が職場に持っていく予定
油と相性がいいので、パスタや炒め物、サラダに入れていただきます。

栄村から十日町方面、清津峡温泉へ。

  1307150068.jpg

  1307150067.jpg

まっとうな温泉本で『清津峡温泉・湯元清津館』に立ち寄り

  1307150064.jpg

  1307150063.jpg

宿のちょっとした演出が嬉し感じる

 1307150062.jpg  1307150054.jpg

日帰りの場合お風呂は男女別内湯のみ。宿泊だと外にある露天風呂も入浴可能

  1307150061.jpg

無色透明な湯は癖もなく、大きな特徴はありませんが、湯が本当に柔らか~

  1307150051.jpg

  1307150053.jpg


この泉質はちょっと癖になる 
少しだけ白湯花が見られ、のんびりと入りたくなる温泉です

帰路は十日町経由でズッキーニを片手に友人宅、親戚にアチコチ寄り道です


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 
関連記事

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

長野・小布施☆洋食レストラン・傘風楼&豊田温泉公園 湯の入温泉・もみじ荘

~7月連休の日記です~

小布施マラソンを前日に控えた友人のお供で小雨降る中小布施へ。
駐車場の下見と受付をさっさと済ませ、少し早めのランチタイム
古い土蔵を上手く使った町並みはさすが信州!

  1307130003.jpg

  1307130005.jpg

  1307130014.jpg

小布施堂の姉妹店、早朝7:30から開いている『洋食レストラン・傘風楼

  1307130018.jpg

  1307130016.jpg

  1307130020.jpg


ランチコースをチョイス。友人はリゾット、私はキャベツと初かつおのパスタ
大き目のかつおがゴロっと入ったトマトソースが美味しい~

  obuse3.jpg


そしてお決まりお風呂へ。
五年振りの訪問 豊田温泉公園湯の入温泉・もみじ荘
洗うのが目的だったので写真は以前のもの

  1307130031.jpg

  0808240006.jpg


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
  
関連記事

テーマ : グルメ♪食の記録
ジャンル : 旅行

北軽井沢☆御所平温泉 かくれの湯&平治温泉

星野温泉から湯友さん一押しの温泉へ
国道146号から細い道を少し入ったところにあり、わかり難い場所にある。一部未舗装の道を通って行くので知らない人は不安になりそう・・
住所は群馬県・長野原町に属するようですが、北軽井沢・御所平温泉 かくれの湯
最近この付近に縁があるな~

  1307110112.jpg

  1307110109.jpg

温泉施設(食事可能)の建物だけがある簡素な温泉です。
辺りは何もなく林の中~
男女別で日替りで入れ替えの様。湯友さんは今回入ったほうが雰囲気が良いと。
今回女性風呂になった内湯
熱めながら炭酸の泡つき~  笹にごりした湯に日差しが入ってまたなんとも良い感じ
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉

  1307110094.jpg

  1307110097.jpg


露天風呂
アブがちょろちょろしてなかなか落ち着かない
2匹射止めてくれたけど、夏場はアブとの戦いの露天風呂
しかし、アブの存在を抜きにしてもこの露天風呂は良いよ

  1307110105.jpg

  1307110103.jpg


ザブザブと掛け流されている湯量の豊富さ。泡つき
いい所を知ることが出来た!
また、時期を変えて訪れたい温泉施設です

ここで湯友さんとお別れして、私はそのまま群馬・万座・鹿沢口に出てここから帰路に向かいます 
そしてここはあの平治温泉が近くにある~
前回入れなかったのでちょっと立ち寄り。開いてた!

  1307110114.jpg

ここはぬる湯の炭酸泉。
暑い日にぴったりなので少しのんびり~。

  1007310037.jpg

  1007310028.jpg

暑いと思った軽井沢、はやり涼しかったんだね~
我が家に戻って現実を知る

久しぶりの軽井沢、なんだかまた行きたい気分。


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 
関連記事

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

軽井沢~星野エリア☆星野温泉・トンボの湯&源泉美人プラン・夏

そしてランチタイムで立ち寄ったのが同じく星野エリアの『星野温泉&村民食堂

  1307110093.jpg

  1307110050.jpg

ランチ&温泉『食事と温泉で美肌を目指す、源泉美人プラン・夏』があり予約不要なのでこれに決定!
■温泉入浴(1日何度でも入浴可)
■信州プレミアムまゆ玉&源泉パック
■源泉美人入浴法ブック
■貸タオルセット
■美肌御膳

  1307110066.jpg

  1307110051.jpg

  1307110072.jpg

通常お風呂だけでも1200円(タオル別)それに美肌御膳が付いて3300円。
同じ温泉ソムリエの方から案内&説明をしていただきました
食事の前にまずは軽くお風呂へ。
窓の広い内湯から差し込む緑が眩しい~(HPより)

  pic4[1]

  pic1[1]

細かな湯花が少しだけ見える、温度も適温。
そして露天風呂
頂いた入浴法ブックは防水処理されているので、お風呂に持ち込んでお風呂に入りながら読むことが出来ます

  1307110061.jpg

湯友さんいわく、こんなに空いている日は珍しい~!というだけあり、露天は一時独泉!

  1307110057.jpg

  1307110055.jpg

そしてお待ちかねの「美肌御膳
まずは甘酒スパークリング。炭酸割した甘酒です。
炭酸でお腹の中を美しく、米糀の甘酒もお肌によくあっさりさっぱり。
次はトマトの焼き浸し。三種類、黒酢、ミント、そばの実の薬味を少しずつ掛けて頂きます

  bihada.jpg

このトマトがまた美味しい、薬味もGOOD!
メインの高原野菜のバーニャカウダ。生野菜&卯の花コロッケ、フカヒレ入りかやくご飯
糸寒天スープ。すっぽんエキス入り~。張り、潤い効果あり~
デザートはトコロテン。自分で突いて頂きます~

  karu11.jpg

男性には物足りないかもしれないけれど、量も内容も十分。外側からも内側からもキレイになれるプログラムな美肌御膳です。
食事後もまたまた、お風呂に入り(新しいタオル付き)星野温泉を満喫~
星野温泉もなかなか素晴らしい温泉でした


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 
関連記事

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

     
プロフィール

ゲコ

Author:ゲコ
☆温泉ソムリエ ゲコの日記へようこそ☆

秘湯、源泉掛け流しの温泉が大好き。
夫婦で行く湯めぐりが主ですが、時に一人でふらっと温泉を楽しんでいます。

新潟、北長野の温泉をメインに、最近は東北の温泉がとても気になっています。

過去の日記を整理しながら載せているため、お見苦しい点もあるかもしれません☆

最新記事
カテゴリ
過去ログ +

2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【15件】
2014年 05月 【23件】
2014年 04月 【15件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【8件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【14件】
2013年 11月 【15件】
2013年 10月 【21件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【21件】
2013年 07月 【14件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【15件】
2013年 03月 【12件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【5件】
2010年 12月 【6件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【27件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【7件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【6件】
2008年 12月 【6件】
2008年 11月 【5件】
2008年 10月 【7件】
2008年 09月 【6件】
2008年 08月 【18件】
2008年 07月 【7件】
2008年 06月 【6件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【4件】
2008年 03月 【3件】
2008年 02月 【1件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【9件】
2007年 10月 【7件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【10件】
2007年 07月 【7件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 03月 【1件】

月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03 
最新コメント
フリーエリア
ランキングに参加しています。 ポチッと押していただけると嬉しいです ♪
アクセスカウンター
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
667位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
温泉旅行
53位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
リンク
☆☆宿泊宿☆☆
宿泊した中でちょっと素敵と感じた温泉宿
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード