FC2ブログ

妙高・燕温泉&気合の入った蕎麦屋☆稲荷縄文そば・今町屋

ちょっと気になるお蕎麦屋さんがあって、友人も誘い行ってみることに!

昼食には少し早すぎるのでその前に妙高・燕温泉へ。
今にも雨が降りそうなお天気。でも、なんとかなるだろう~と・・しかし、関温泉辺りから霧が濃くなり、辺りは真っ白
そして、燕温泉に到着~も、濃霧&雨がポツポツ・・

 1306150005.jpg 1306150006.jpg

タオルを頭に急いで黄金の湯へ
相変わらず、キツイ坂をテクテク!
河原の湯のオープンは橋の工事もありまだ先になりそう。
早くオープンしないかな!

雨と坂と戦って歩いている中、友人は側に生えている笹薮が気になる様子。
そう、この妙高山周辺は根曲がりたけがよく採れる!
こんな道端の笹はだめだよ~!なんて言う間もなく、友人はさっさと笹薮に潜り数十本の竹の子をゲット!
夕飯の味噌汁分は十分あるわ~と満足そう

 1306150007.jpg 1306150009.jpg

竹の子狩りに付き合いながら黄金の湯に到着

 1306150025.jpg 1306150010.jpg

男性風呂には人が要り気配。
でも、やはり雨の妙高、女性風呂は貸切!

   1306150013.jpg

   1306150019.jpg

 1306150023.jpg 1306150022.jpg

霧で辺りは真っ白だけど、神秘的な雰囲気を楽しみながら白い温湯に満足満足~

本日の目的は温泉ではありません。
昨年末に上越市中郷区にオープンしたお店 『稲荷縄文そば・今町屋

   1306150040.jpg

上越市の近隣なのでお店は気になっていた。
定年退職したご夫婦がはれて念願叶えてオープンに漕ぎ着けたお店という。

   1306150038.jpg

 1306150036.jpg 1306150035.jpg

巷の噂では「今一や・・」「素人なら美味しいけど・・」なんて声も聞こえてきていた。。

先日、蕎麦通のブロ友さんの一人がこのお店に立ち寄り、気合の入った蕎麦屋!と好評価、ならばやはりこの目で、舌で確かめなければ!
と、私の舌はあまり当てにはならないんだけどね。。

場所は以前やはりお蕎麦屋さんがあった所で、この辺りは縄文公園などあり、縄文古墳がザクザク見つかる辺り。
その地で蕎麦を収穫しているので縄文そばというらしい(ブロ友さんのパクリ)

 1306150030.jpg 1306150031.jpg

広くはない店内も天然木をふんだんに使ったこだわりが見える
山菜を書いた絵が飾られていて、これが気になった

 1306150028.jpg 1306150032.jpg

運ばれてきたのが山菜がのった【山の幸もりそば】
妙高の山で収穫した竹の子、蕨等。青物は蕎麦の若葉

   soba.jpg

見た目も美しく美味しそう~

蕎麦の好みはあるものの、風味もよく、歯ごたえもよい。
出汁は濃い目で好みの味。

ただ、私の打ち方の好みで言うならもう少し普通に、平たさのある切り方が好き。
のど越しのよいお蕎麦とは違い、全引き?と言うのか殻も一緒に引いてあるので好みが分かれそう。

通好みのお蕎麦かも。。評価するほどお蕎麦を知らない私が言うのも変だけど。。
山菜も一緒に楽しみたいならこの山菜入りのお蕎麦はお勧め!

   1306150034.jpg


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : お店紹介
ジャンル : グルメ

湯遊の旅・栃木☆日光東照宮 豪華絢爛 その2

湯遊の旅。日光東照宮観光その1の続きです。

【三猿】を見学後は日光東照宮を代表する建物、陽明門

   1306080064.jpg

陰陽道に強い影響を受け、本殿前に設けられた陽明門とその前の鳥居を中心に結んだ上空に北極星が来るように造られているという。

   1306080054.jpg

階段を上がった左右、輪蔵の前を通り右に「鐘楼」、左に「回転燈籠」と「鼓楼」が左右対称に建てられています。
「鐘楼」の前には青銅製の鐘が吊るされてる

 1306080061.jpg 1306080058.jpg

陽明門は江戸文化の粋を集めた約500以上の彫刻と極彩色の装飾を施しています。
その精巧さと豪華さは一日中見ていても見飽きない事から日暮門(ひぐらしもん)とも呼ばれている。
確かに一日中見ていても飽きないと言うのもわかる気がする

   1306080066.jpg

   1306080065.jpg


この陽明門も平成の大修理直前で今回が見納め。修復終了は6年後だそうです
本当に凄い!豪華絢爛という言葉以外見つからない

そしてその陽明門を囲む様に左右に延びる廻廊、外壁には花鳥の彫刻が飾られて全てが一枚板からの透彫り、これがまた素晴らしい~

   1306080070.jpg

 1306080067.jpg 1306080069.jpg

陽明門をくぐると左手に見えてくるのが神輿舎、中には三基の御神輿が収められている
右手、本殿の横に祈祷殿があり結婚式や初宮などのご祈祷が行われ所

 1306080074.jpg 1306080104.jpg

中央唐門、その奥に本殿の屋根が見えます(本殿内部は撮影禁止)

                1306080073.jpg

陽明門の正面の唐門は日光東照宮の本社(本殿・拝殿)の正門に当たる
昨年、修復工事が終わったばかりとの事。
全体が白く塗られ、他の門とはまた違った雰囲気を出しています

   1306080075.jpg

唐門の左右に透塀がありこの堀の細かな細工も素晴らしい

   1306080105.jpg

   1306080076.jpg

透堀右手に行くとあの眠り猫で有名な奥社へ向かう途中の東回廊潜門
ガイド役のご主人に見て驚くよ~と。。。
えぇ!!?これ?20センチほどしかない小さな彫刻。国宝と言うので期待していた分ちょっとがっかり

 H0000144853[1] img_1520961_63394604_7[1]

裏には雀もいます。
猫が居眠りしていると雀は平和。
説は色々あるようですが、私は戦乱から平和の世がやってきたことを表しているととりたいな
 

ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 
関連記事

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

新潟・上越・中郷区☆十割蕎麦・一郷庵

娘が遊びに来たので、たまには外で昼食をと誘い、上越市中郷区岡沢地域にある手打ち蕎麦の店『一郷庵』に行って来ました。
http://www.ichigoan.com/
始めて訪れる方は少し道に迷うかもしれません。案内看板があるのでそれに従い進みます

             1306260003.jpg

民家の1階に店を構え、お昼のみの営業。

  1306260004.jpg

             1306260005.jpg

地元で栽培・収穫した 玄蕎麦を石臼でゆっくり丁寧に挽いた蕎麦粉を使っています。その手打ちは十割蕎麦。
場所も分かり難くく、営業時間も短いためあまり知られていません
店内も小さな構えですが、店内には店主のこだわりがあちらこちら・・

  1306260013.jpg

  1306260006.jpg

摘み草てんぷらと言う変り種のメニューもあり、季節の野の物をてんぷらにしてくれたりもします
以前、柿の葉がてんぷらをいただいた事がある (写真はHPより)
なんでも、奥様が野草料理研究の先生から指導して頂いているとか、奥様も勉強熱心です

  ichigoan_main[1]

今回私達は6月限定メニュー【無水月蕎麦膳】を頂く事に
コシのあるツルっとしたのど越しのよいお蕎麦です。

  1306260007.jpg

  1306260011.jpg

個人的に全引きではないお蕎麦が好きなので、一郷庵のお蕎麦が好みかも知れない
最後にデザートが出されます。
自家製桑の実のジャムを使った、こちらの奥様の手作りスィーツです。器にもセンスが光ります

  1306260015.jpg

美味しいお蕎麦とスィーツを頂いて蕎麦好きな娘も大満足


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 
関連記事

テーマ : グルメ♪食の記録
ジャンル : 旅行

湯遊の旅・栃木☆日光東照宮 ~見ざる、言わざる、聞かざる~ その1

2008年から始まった友人夫婦3組で行く湯遊の旅。今年で6回目
今回は栃木県の旅です

宿を決めた時点で日光東照宮にも行ってみたいと言う声が・・、実際私を含め主人も行った事がなかった
寺社仏閣めぐりが趣味の1組の夫婦は何度か行っている中、他2組4名は初東照宮。
今更ながらこの歳まで一度も足を運ばなかったのには驚き~
私達は何度か前を通っていたのにね~
まさに大人の修学旅行!

早朝出発なので途中横川ICで朝食&休憩。いざ日光に向けて出発!

               1306080008.jpg

日光に到着した時間もよく、上の駐車場にすんなり車を停めることができた。
曇り空のまずまずの天気。気温もそれほど高くなく外歩きには丁度です。
境内は広い、案内図を元に、ガイドの友人夫婦案内の下、日光東照宮めぐり開始!

 1306080011.jpg 1306080012.jpg
 
広い石鳥居前の参道。入り口の石碑には徳川家の家紋「葵の御紋」がついています。重要文化財の石鳥居をくぐると国宝や重要文化財のオンパレードが続きます!
そりゃそうよ。世界遺産だもの

   1306080119.jpg

石鳥居を抜けるとすぐ左に五重塔、凄い!装飾が色鮮やか~。
五重塔の1階の屋根の下には干支の動物を描いた彫刻で飾られている
この日本古来の木造塔の耐震性が、 現代 の高層ビルよりも優れているらしい、凄いね。昔の人の技って!

             1306080112.jpg
 
日光東照宮の表門から奥宮までの一般公開している奥宮・眠猫・鳴龍を含む東照宮券を購入(1,300円)

いよいよ日光東照宮の入口である表門へ。
表門の左右にある阿吽の仁王像 

   1306080027.jpg

そして、三神庫。三神庫は宝物を保管する蔵のことで、表門を背に左から下神庫、中神庫、上神庫と並んでいる。屋根の妻の部分に象の彫刻があり、「想像上の象」といわれているらしい・・

   1306080048.jpg 

   1306080030.jpg

そして、日光東照宮の中でも『三猿』「見ざる、言わざる、聞かざる」で有名な神厩舎

   1306080033.jpg

神厩舎って神馬をつなぐとされた馬舎
実際、白い馬が中にいました。初め置物かと思ったら耳がピクピク・・

 1306080043.jpg 1306080036.jpg

正面には三猿の物語を描いた彫刻が施されています
八枚の猿の彫刻は人の一生を描いていると言われている
なんだかしみじみ見ちゃいました
詳しくはこちらを
http://www.nikko-jp.org/perfect/toshogu/sanzaru.html
 saru01[1] saru02[1]

 saru03[1] saru04[1]

 saru05[1] saru06[1]

 saru07<br />[1] saru08[1]


神様にお参りする前に御水舎で手や口、心身を清める神殿へ

豪華絢爛な陽明門に行く前に、入り口で皆と記念撮影。

   1306080049.jpg

その2へ

ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 

続きを読む

関連記事

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

群馬・湯めぐり☆万座温泉・日進館

草津温泉から、万座温泉へ
万座へ到着頃には霧も濃くなり、辺りは真っ白。

 1306130643.jpg 1306130644.jpg

万座温泉での目的の温泉宿は日進館
こちらも温泉博士で入浴。

 1306130648.jpg 1306130650.jpg

しかし、ここにきて湯友さんの携帯が見つからない事に気が付いた!
立ち寄った先に確認するもわからない。
草津まで戻り探すと言うので、残念ですが私とはココでお別れすることに!

日進館のお風呂は館内と外の露天風呂二箇所
まずは屋外100メートルほど行った先にある露天風呂・極楽湯

 1306130652.jpg 1306130658.jpg

霧で残念なことに山の景色は見れませんでしたが、開放感ある露天風呂は霧の冷たさもありとても気持ちがいい。
ここの露天風呂の雰囲気は万座の中では一番好きかも
泉質:硫黄泉

   1306130656.jpg

お天気がよければこんな風に見える景色

          0906040011.jpg

硫黄濃度日本一の万座温泉。
そして、館内の大浴場・長寿の湯

 1306130661.jpg 1306130662.jpg

内湯が四つ、露天風呂が二つあり、この大浴場の造りもなかなか風情があります

   1306130663.jpg

   1306130666.jpg

R466万座道路経由で長野へ。万座は霧の中でしたが、長野はすっきり青空。
思いっきり早起きだったので帰りは眠い眠い~

その後、携帯は交番に届けられ、無事見つかったと連絡があり一安心

聖天様のおかげで久しぶりに湯友さんとの再会と湯めぐり。
最後は少し残念だったけど、楽しい充実の湯めぐりが出来たかな


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 
関連記事

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

群馬・湯めぐり☆草津温泉・三関屋旅館

大塚温泉でぬる湯に入り、次は草津温泉へ。

湯友さんは草津温泉は初めてだと言うので、目的の温泉宿へ行く前に少し草津温泉をご案内。
大滝の湯で車を置き、そこから湯畑のある中心部へ。
白旗源泉がある辺りに、いつの間にか立派な御座之湯と言う、休憩施設が出来ていたにはびっくり!
そう言えば以前、なにか工事が始まったと聞いたな~

 1306130633.jpg 1306130589.jpg

共同湯・白旗の湯は健在
草津に来たらここに入らないとね

                1306130590.jpg

しかし、白旗の湯が熱い!人がいないせいか湯が揉まれていないためか、とにかく熱い!
湯もみ板を探すも見つからず、なんとか浸かって即終了

   1306130596.jpg


目的の温泉宿を探します。
私もこの宿は以前から気になっていて、知ってはいたけど、ご存知の通り草津温泉の温泉街は複雑。
目の前に宿がありながらキョロキョロ 
在ったよ~!
湯畑からものの数十秒の距離三関屋旅館
今回は温泉博士使用で入浴

 1306130598.jpg 1306130599.jpg
 1306130626.jpg 1306130625.jpg

部屋数6つの素泊まり専用の小さな宿
清潔感ある館内、お風呂は地下一階

 1306130623.jpg 1306130622.jpg

部屋数の割りにお風呂が3つ。貸切で入れます
3つある内の二つは同じ造り。

   1306130604.jpg 

   1306130605.jpg

一つは洞窟風呂風の造りです。

   1306130612.jpg

透明な鮮度のよい湯が掛け流されていて温度も丁度。とても気持ちの良いお風呂です
湯畑源泉

   1306130616.jpg

私的にかなりヒットの湯宿です 

そしてまたまた湯畑に戻り、小腹が空いたので私のお気に入り
山びこあげまんじゅう
湯畑を見ながら足湯に浸かりいただきまぁ~す

           1306130629.jpg 1306130632.jpg

共同湯、千代の湯、煮川の湯を見学して回り(入浴なし)次は標高1800メートルの万座を目指します

 1306130637.jpg 1306130639.jpg


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 
関連記事

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

群馬・湯めぐり☆大塚温泉・金井旅館

今月6月末で閉鎖してしまう川原湯温泉・聖天様露天風呂。
早朝、7時に聖天様に入り、予定ではそのまま草津温泉に行く予定でしたが、見れば時間も8時前、折角なので他の温泉も巡ってみることに。

川原湯からロマンチック街道、R145を高山村方面へ。わき道を入って畑と民家がある辺りにある大塚温泉・金井旅館
5~7年ほど前に立ち寄った以来です。

新館の旅館が以前はなかったような気がします。

 1306130557.jpg 1306130559.jpg

入浴は9時前だったけど、大丈夫と言うことで旧館で受付をすませ、新館の裏にある、まずは混浴内湯がある湯棟へ

 1306130568.jpg 1306130567.jpg

そうそう~  男女別の脱衣所がありこんな感じだった!変わっていない~!


壁の穴からも温泉が流れっぱなし、ジャブジャブかけ流しの33度前後のぬる湯

 79819ca8[1] img_185537_7317194_11[1]

この日は雨のおかげで暑くはなかったけど、夏場の暑い日はぬる湯に入りたい!そんな日にもってこいの温度

   1306130564.jpg

温くて気持ちがいい~。横にある加温槽の浴槽はお湯が入っていなかった。
あまりにお湯の勢いがいいので、湯口にビニールが張られている。
実はこの浴槽に一人の若者が目を閉じてジーっと静かに入っていた。。。
男性入り口に靴があったでしょう。
おばちゃん二人乱入して、好きな事言いながら入っていたから、きっとうるさかったはず・・。

若者に気を使って?新館のお風呂へ移動。
 1306130583.jpg 1306130582.jpg

男女別の浴室は新しく綺麗。
大きな湯舟と小さな湯舟が二つに分かれて計3つ。
綺麗な模様の浴室、後で知ったのが、この風呂大理石で出来ているらしい。これで300円の入浴料金。

   1306130572.jp g

   1306130570.jpg

少し加温してあり、それでも温めの40℃前後。
確か以前来た時は10月。いつまで入っても寒!状態だったな・・
ココの温泉は肌にもいいらしくアトピーで通っているっていうお兄さんがいた。ココの温泉は飲泉可。

   1306130574.jpg

確かここに露天風呂があるはず・・
外を見てみると内湯より一段下がった所に、階段を下りていく混浴露天風呂があった~!

   1306130576.jpg
ちょっと女性には厳しい造りの露天風呂だけど、平日のおかげで露天風呂でのんびり~マッタリ~

              1306130580.jpg

湯友さんには意外にもこの大塚温泉は喜んでいただけたみたい。


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 
関連記事

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

さよなら~♪ 川原湯温泉☆聖天様露天風呂

昔日の湯治場へ。幻になる前に 

   dam[1]


長い建設反対の歴史をへて、現在八ッ場ダムの建設が進められています。
ダムが完成されると写真の点線までが湖面となり、川原湯温泉はダム湖の底に沈みます。
昔の風情を今に残している温泉街。
古き良き歴史ある川原湯温泉を、あなたの瞳に焼き付けておいて下さい。
・・・・・幻となるまえに。


そんな文面が川原湯温泉協会のHPには載っています

何度となく立ち寄っている川原湯温泉。初めて入浴したのが旅館山木館。
ざびれた温泉街だな~と思う印象があり、そのとき初めて八ッ場ダムの存在を知りました。

共同湯王湯、笹湯には何度か入浴済みの中、ゆういつ聖天様露天風呂だけは未湯。
混浴の上人気の露天風呂だけに、いつも誰かいてしかも無色透明な湯。。
日中しか訪れることが出来なかった私には半分あきらめの露天風呂でした。

そんな中、今月6月末までで閉鎖の知らせ。。
ますますタイムリミットが迫る中、湯友さんが平日早朝に入りに行きましょう!と声をかけてくれた。

お互いの都合の良い日を選び、当日早朝7時に川原湯温泉で待ち合わせ。

昨年秋以来の長野原町。台風の影響で新潟は猛暑35度をいったというのに、群馬は雨。
気温は早朝で19度前後と温泉に入るには快適な気候

   1306130040.jpg


道路が新旧入り混じっているためあちこち工事中。無事に川原湯到着!

               1306130518.jpg

湯友さんとは昨年夏以来の再会です。
早速、川原湯温泉・聖天様露天風呂へ。

おすし屋さんの横の階段を上って行くと、おっと!門が閉まっている?!
大丈夫!開いてたぁ~♪
 1306130521.jpg 1306130525.jpg

                1306130526.jpg

誰もいませんように。。と祈りながら、聖天様露天風呂に到着。

 1306130550.jpg 1306130549.jpg

誰かいるかな~!?あれ!男性が一人だけ、少し年配のお父さん。
フル○○で熱い湯と格闘中!
   1306130530.jpg

どうする?ここまで来たんだし。。男性と言ってもお父さんだし。。
危なげなさそうだし。。と、私と湯友さんの目は同じ目をしてた!

ここは女は度胸でご一緒することに!
それにしても半端なく熱い!写真を撮りながら熱さと格闘!
ガンガン加水してもいつまでも熱い!
お父さんも写真撮影にフル○○で協力してくれて、無事なんとか入湯。
ロケーションも最高で改めていい湯だわ~
泉質:含硫黄-カルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉

   1306130537.jpg

           1306130546.jpg

ちょっと硫黄の香りと湯上りが意外にさらっと滑らかな肌触り
この湯が、温泉街がなくなるなんて勿体ない。。
全国の温泉ファンも名残惜しいだろうな~

そして、撮影に協力してくれた紳士なお父さんありがとう!
この方、横浜からいらしてた!

                1306130547.jp<br />g

無事最後の聖天様にも入り、ダムに沈むであろう景色を眺めながら名残惜しくも川原湯を後にしました。

 1306130551.jpg 1306130552.jpg

   1306130554.jpg


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 
関連記事

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

隠れ家カフェ☆weekend cafe ベルン&大洞原 四季の花畑

関温泉の赤い湯を堪能後はランチタイム

以前この一人の友人と行ったカフェが近くにあるので、そちらでランチをすることにしました。

ウイークエンド カフェ ベルン】 文字通り週末カフェです。

関温泉に行く手前、林の中にある普通のお宅を週末だけカフェとしてOPEN。
道端に【ベルン】の看板があるのですが、うっかりすると見逃してしまいそう・・

 1306010030.jpg 1306010014.jpg

   1306010012.jpg

お洒落なすっきりとした品の良い室内。

   1306010015.jpg

今回はコースセット料理をいただきました
季節の野菜と生ハムの蕨巻き

 1306010019.jpg 1306010021.jpg

アンチョビのパスタ、デザート

 1306010022.jpg 1306010025.jpg

飲み物 (おかわりOK)

 1306010026.jpg 1306010016.jpg

食事の味付けも美味しい。女同士、素敵なカフェでお喋りに夢中

隠れカフェ的に利用するにもいいお店です。


帰りの通り道、季節の花が見れる大洞原 四季の花畑スポットへ
http://www.myoko.tv/sightseeing/1199.html

菜の花の見頃は終わっていますが、妙高山をバックにまだまだ綺麗に咲いています。

   1306010035.jpg

                1306010037.jpg


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
  
関連記事

テーマ : グルメ♪食の記録
ジャンル : 旅行

源泉100%掛け流し宣言 ☆ 関温泉・せきぜん

関東甲信越もいよいよ梅雨入り・・
最近一気に暑くなり今から少しバテ気味です。

週末、友人3人で久しぶりに温泉&ランチに行ってきました。
集ったものの行き先も決まらず、どこ行こうか~と迷っていたので、先日私が行ってきた関温泉に行くことに。

   1305290041.jpg


燕温泉行く手前、全国的にもいち早く【源泉100%掛け流し宣言】をした赤い湯花の温泉地・関温泉。
その温泉街真ん中ほどにある旅館 関温泉・せきぜん http://www.seki-tsubame.com/stay/sekizen.html 私も先日、数年ぶりに再訪したばかりです。

 1306010011.jpg 1306010010.jpg

代々家族がアルペンスキー選手として日本を代表している宿です。
今は息子さんが活躍中。 館内の至る所、息子さんの賞状やメダルが飾られています。

 1305290080.jpg 1306010009.jpg

見た目は古い宿ですが、館内は清潔に保たれています
露天風呂のお湯がまだ溜まっていないというので、内湯から入ることにします。

 1305290043.jpg 1305290053.jpg

男女別の小さな内湯です。ザブザブ鮮度の良い湯が入っています

泉質:塩化物泉

   1305290052.jpg

関温泉は熱いんです。
友人は二人はお喋りに夢中。畑がどうとか・・草取りがどうとか・・
そんな友人を置いてさっさと一休み。

ここの宿はスモーキングスペースなる小上がりのスペースがあちこちあり、湯上りやちょっと休憩なんて言うのには便利な作りになってます

 1306010008.jpg 1306010005.jpg

ついでにドアが開いていた部屋を拝見。意外にも綺麗で広々~


露天風呂のお湯もそろそろ溜まった様子。別の通路階段を下りて露天風呂へ。
露天風呂は一つ。男、女入浴中、家族貸切中の各札を選択して入ります

 1305290055.jpg 1305290057.jpg

小ぶりながらいい感じの露天風呂。1か所ながらシャワーも完備

                1305290078.jpg

隣の宿が近いので塀は高めです温度は温めでこの時期には丁度です 
友人の一人は始めての関温泉。赤い湯が気に入った様子

   1305290061.jpg

   1305290071.jpg

そしてランチはどこに行こうかこれまた思案・・


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 
関連記事

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

     
プロフィール

ゲコ

Author:ゲコ
☆温泉ソムリエ ゲコの日記へようこそ☆

秘湯、源泉掛け流しの温泉が大好き。
夫婦で行く湯めぐりが主ですが、時に一人でふらっと温泉を楽しんでいます。

新潟、北長野の温泉をメインに、最近は東北の温泉がとても気になっています。

過去の日記を整理しながら載せているため、お見苦しい点もあるかもしれません☆

最新記事
カテゴリ
過去ログ +

2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【15件】
2014年 05月 【23件】
2014年 04月 【15件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【8件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【14件】
2013年 11月 【15件】
2013年 10月 【21件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【21件】
2013年 07月 【14件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【15件】
2013年 03月 【12件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【5件】
2010年 12月 【6件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【27件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【7件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【6件】
2008年 12月 【6件】
2008年 11月 【5件】
2008年 10月 【7件】
2008年 09月 【6件】
2008年 08月 【18件】
2008年 07月 【7件】
2008年 06月 【6件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【4件】
2008年 03月 【3件】
2008年 02月 【1件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【9件】
2007年 10月 【7件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【10件】
2007年 07月 【7件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 03月 【1件】

月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03 
最新コメント
フリーエリア
ランキングに参加しています。 ポチッと押していただけると嬉しいです ♪
アクセスカウンター
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
667位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
温泉旅行
53位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
リンク
☆☆宿泊宿☆☆
宿泊した中でちょっと素敵と感じた温泉宿
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード