FC2ブログ

みちのく二人旅 水沢温泉郷 ☆ 露天風呂 水沢温泉

超~気に入ってしまった駒ケ岳温泉の次に向かったのは、水沢温泉郷と言ったらここが一番に名前が上がりほど有名な露天風呂・水沢温泉

  1405050697.jpg

露天風呂水沢温泉は、すぐ近くに独自源泉を持つ宿・元湯水沢山荘が経営する日帰り入浴&湯治・自炊を行える温泉施設です。

  1405050690.jpg

以前にも立ち寄りましたが、今回は温泉本で入浴
ここも朝から賑わっています
男女別の大浴場
男性は暖簾の横がすぐ浴室ですが、女性用はずーと長い廊下を行った先

  1405050694.jpg

  1405050695.jpg

脱衣所も広く、とても綺麗です
二ヶ所の内湯がありどちらも広くゆったり入れます。(写真は以前のもの)
熱いです

  1105250665.jpg

そして露天風呂
一箇所は内湯から出てすぐのところにあり、この時はお湯が激熱で入浴不可の看板が置いてありました
私はそれを見ずに入ってしまい、熱い~と叫びながら入っていたら「こんな熱いのによく入れるね~」と、看板を指差すおばあちゃん・・ 

  1405050693.jpg

もう一つの露天はすぐ横を数段降りたところにあり、ここは1メートルほどの深湯。立ったまま入れる
ここは適温ちょい熱めになっていました
泉質:含硫黄‐カルシウム・マグネシウム・ナトリウム‐硫酸塩・炭酸水素塩泉

  1105250670.jpg

駒ケ岳温泉より熱く、きりっとした温泉でした

ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

スポンサーサイト



みちのく二人旅 水沢温泉郷 ☆ 駒ケ岳温泉

久々にストライク~な温泉に出会いました~
今年になってからは一番かも!

前日、ナビで探せど探せど見つからず・・
温泉宿のパンプ片手に発見!水沢温泉郷の手前、少し外れた場所にありました。
通りからわき道に入り、林の砂利道を進むと入り口付近に宿の看板が見えてきました

広い駐車場があり、立派な外観です
人気の【鶴の湯温泉】と同系の駒ケ岳温泉

  komagatake7.jpg

建物も館内は綺麗でまだ新しい感じ、太い木を使った受付カウンターが山の温泉風、スッキリとした館内。
玄関入り口には山の湧き水が引かれていて、大きなソファーがロビー中央に置かれています

  kamagatake4.jpg

券売機で入浴券を買い、本館の建物と渡り廊下で繋がった湯棟へ
途中にあるのが宿泊者専用の貸切露天風呂二つ

  kamagatake3.jpg

男女別の脱衣所前には板張りの広いエントランスホール!

  1405050676.jpg

脱衣所も広い。

  komagatake.jpg

そして思わず声が出るほどに目に飛び込んできたのが、高い吹き抜けの天井。
存在かある太い柱が中央に二本鎮座。凄く雰囲気あるわ~

  1405050642.jpg

20人ほど入れそうな広い内湯は太い木枠の湯舟
これだけ太い木枠を使った湯舟もそうそう見ない!
まさに私のハートを鷲掴み 

  1405050634.jpg

温度は適温。ここの温泉は駒ヶ岳中腹より湧出する源泉を、空気に触れないように地下にパイプを配して引き湯している自家源泉
熱めの温度を冷ます目的でこの広めの湯舟になっているようです
少し透明度のある青白い濁り湯。白湯花が湯舟の底にフワフワとたくさん舞っています
泉質:含硫黄-カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉

  kamagatake6_20140523193620206.jpg

内湯から露天風呂へ
大きな岩が配置された石枠の円型の湯舟。
すぐ目の前には雑木林と川が流れていて、開放感抜群

  1405050656.jpg

露天風呂は少し温めでこのままずーと入っていたい気分
やはり白湯花がフワフワ~

  1405050673.jpg

鶴の湯にもある打たせ湯がここにもあります

  1405050655.jpg

私的には凄く気に入ってしまった駒ケ岳温泉
立寄りだけではモヤモヤが残る・・
宿泊者は夜になると鶴の湯に無料で送迎してくれるとの事
宿の評判も良さ気なのでいつか宿泊してみたい宿です

宿に来る道の手前に【友情の滝】と言う二つの滝が流れていて、散策にもよさそうな癒しのスポット
1405050685.jpg


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

みちのく二人旅 田沢高原温泉郷 ☆ ゆぼぼ山荘 宿泊

旅の最後、三日目の宿は、水沢温泉と乳頭温泉の間、秋田駒ヶ岳への登山入口にもなっている、秋田駒ケ岳のふもとに広がるブナ林の中にある田沢高原温泉郷・ゆぼぼ山荘
たざわこ芸術村にある株式会社ワラビ座の系列の宿泊施設

  1405040575.jpg

ちょっと古めの宿で、登山客の利用が多いようです。
食堂等では禁煙と言うのは聞いていましたが、部屋でも灰皿が無く、もし禁煙宿と言うことが判っていたら、初めから予約しなかったのにと少し不満で、女将さんに確認。
窓を開けてならOKという事でした。
前面には出していませんがはっきり言って「禁煙の宿」だと思うので、愛煙家の方は予約時要確認を!

宿の管理人さんご夫婦はワラビ座の団員だそうです
フロント奥の一階、一番奥が本日の部屋。部屋数は9つ。
部屋の廊下手前にあるトイレ、洗面は共同。

  yubobo.jpg

ふすま戸の部屋には内鍵があるのみでちょっと不便。
部屋はシンプルで年季が入っています。TVがあるのでTVが見れるのがプチ嬉しい~

  1405040577.jpg

早速、宿のお風呂へ。
お風呂は男女別の内湯のみ。
乳頭温泉からの引き湯の様ですが、お湯がとてもマイルドで柔らかく感じる。
泉質:単純硫黄泉

  1405040582.jpg

湯口のところには湯葉がたくさん溜まっている。
ここで湯花をいったん漉しているのかな~
お構いなしに湯葉をお風呂に投入~ あっという間に真っ白
窓の外はまだ、芽吹いたばかりのブナ林が広がっています

  yubobo5.jpg

夕食は部屋と反対側の一階、広い食事処でいただきます
【田沢湖地ビールと山荘手作り果樹酒が付いたプラン】
一日二組限定のプランです

  yubobo1.jpg

主人はアルコールがまったく飲めないので私がいただきました
口当たりの良い飲みやすいビール。果樹酒は家に持って帰りました。
メニューはちょっと少なめで、シンプルな感じがします
一日目の宿メニューが良かっただけに、比較してしまう。まあ、ビールが付いているからね。
秋田名物きりたんぽ鍋

  yubobo2.jpg

熱々のきりたんぽに手作りの料理は美味しく、味付けはとてもいい

  yubobo3.jpg

  yubobo4.jpg

目の前の席に香港から来たカップルさんがいます。
女性のほうは正座が苦手なのか、低い椅子で食事をしてます
〆は鍋を雑炊にしていただきました。

翌日も朝湯に入り、朝食です
シンプルな朝メニューです。

  1405050621.jpg

ゆぼぼ山荘を後にして、昨日立寄りをあきらめた温泉宿に向かいます


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

みちのく二人旅 乳頭温泉郷 ☆ 蟹場温泉

本来は八幡平から秋田回りで温泉めぐりの予定でした
アスピーテラインのゲート閉鎖で岩手経由の遠回り移動でしたが、思いがけず一本桜も観れたし、岩手の温泉にも入れたので結果オーライ~

岩手県経由で到着した田沢湖周辺。満開の桜が綺麗~

  1405040558.jpg

さすがは人気の温泉地、賑わっています
この周辺はたくさんの温泉郷があり、その中からいくつか入浴可能な宿をチョイス。

  1405040559.jpg

選んだのが乳頭温泉郷の一つ、最奥にある蟹場温泉
こちらの駐車場もたくさんの車

  kaniba.jpg

ロビーにも立ち寄り客の人が次々訪れています。GWの乳頭温泉郷はどこも混んでいるのでしょうね

  kaniba1.jpg


まずは宿の裏手の建物から履物に履き替え、50mほど林の中を歩いて坂を下った所
周辺はまだ、雪が結構残っています
  kaniba2.jpg

見えてきたのがとっても開放感ある露天風呂・唐子の湯
お願いして写真を撮らせていただきました

  1405040563.jpg

にごり湯が多い乳頭温泉の中でこちらは無色透明。白湯花がフワフワしてとても綺麗~ 
温度は少し熱め。もう少し緑が濃い時期ならこの露天風呂は綺麗でしょうね~(写真は以前のもの)

  1105240517.jpg

背中に絵を描いたおにーさんも居ましたが、楽しそうに入浴してました

蟹場温泉は館内のお風呂も充実しています
ロビーから露天風呂とは反対の廊下を行き、屋根伝いの通路に三箇所のお風呂。

  1405040567.jpg

蟹場は露天風呂が一番の人気で有名ですが、私の一番のお気に入りは一番奥にある男女別の内湯
全面秋田杉で造られた浴室。この湯舟の造りと雰囲気。とっても絵になります うっとり~ 
泉質:重曹炭酸水素泉

  1105240511.jpg

無色透明な湯に大きめの湯花がふわりふわり~

  1105240512.jpg

中央に男女別の岩風呂
小ぶりな湯舟です

  1105240506.jpg

そして一番手前に女性用露天風呂
木造りの小ぶりな湯舟。明るい露天風呂 女性用があるって嬉しいね

  kaniba3.jpg

蟹場温泉で入浴を済ませ、水沢温泉郷に戻ります。
もう一つどうしても立ち寄りたいと思っていた温泉宿があり、ナビで近くまで行くのですがどうしても見つからず・・
翌日立ち寄る予定で今宵の宿へ向かいます

ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

みちのく二人旅 秋田・八幡平温泉郷 ☆ 蒸けの湯温泉・ふけの湯旅館

後生掛温泉立ち寄り直後から雨が本降り、風も出てきて天候と残雪で外はかなり寒くなってきた。
時間も15時を過ぎ、ゲートの時間がそろそろ気になるところ

雨が強く降り出す中、後生掛から程近いアスピーテラインから1kmほど外れたところにある蒸けの湯温泉は立ち寄りたい
宿の周りは一面雪の壁。雨も降っているので足元は泥だらけ
ここも駐車場が満車状態。

  1405030407.jpg

ふけの湯は数日前に冬季閉業からオープンしたばかり、やはりここも人が多い

  1405030409.jpg

早速館内、休憩所や食堂奥にある大浴場へ

  1405030411.jpg

  1405030408.jpg

広くはない脱衣所は場所がないほどの混み様。。
脱衣所をはさみ内湯と露天風呂に分かれている
内湯は脱衣所の混み具合とは反対に数名程度。寒かった体がじんわりほぐれていく~
白濁と言うか少し土気のある色具合(写真は以前のもの)

  1105230320.jpg

今回は上がり湯のお湯もこんなに満たされてなかったよ~

  1105230322.jpg

そして露天風呂
目の前は雪の壁と霧で全く景色は見えないけど、前はもくもく上がる湯煙が良く見えた

  1105230319.jpg

私は雨とぬかるんだ足元が気になって屋外の露天風呂は今回パス。
主人だけが雨の中、残雪残る露天風呂に向かう
ココは主人には絶対入って欲しかったところ
たぶんこんな感じだったろうな~ (写真は以前のもの)

  1105230335.jpg

  520145037.jpg

主人を待つあいだ、受付奥にこんなものが目に・・『子宝 安産 健康』 祈願

  1405030410.jpg

とりあえず子宝には恵まれたし、健康は気になるところだけど・・祈願は。。。止しておこう・・

アスピーテラインはこの時期、17:00から翌朝8:30までの間、夜間は凍結防止のためゲートが閉鎖される。
この日、日中は解除されていたので、秋田側のふけの湯ゲートから頂上の見返り峠を目指します
GW中は変動するお天気にこのゲートの閉鎖がまるで賭けの様
雪の壁がどんどん高くなって、5mはありそう・・視界が全くきかないほど霧が濃くなってきます

  1405030414.jpg

この天気で明日は大丈夫か 

ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

みちのく二人旅 秋田・八幡平 ☆ 後生掛温泉・後生掛温泉旅館

十和田湖から渋滞もせず下道ドライブで秋田八幡平に到着。
車中から見る桜が綺麗です

  1405030398.jpg

秋田八幡平入り口付近、この辺りはまだ未湯な温泉も多く気になるところ。。
この頃になるとお天気が下り坂・・雨がぽつぽつ降ってきた 

秋田県と岩手県をまたぎ、冬期間の通行禁止が解除となったばかりの八幡平アスピーテライン
まだ道路の両側に雪が残っていて山岳ワインディングロードが続く。

道路から宿の案内看板がすぐに見え、到着したのが後生掛温泉 後生掛温泉旅館 
宿に近づくと、もくもくと煙が上がっているのが見えてきます
馬で来て足駄で帰る後生掛」と言われるほど温泉治療の効果の高い温泉

  1405030401.jpg

駐車の車の数が半端いほど。入り口付近から片面ずらり・・ 
全国から訪れている~
湯治部と日帰りの入り口から湯棟のある建物に進みます

  1405030402.jpg

たくさんの人が訪れているので、館内はかなりごった返している
そう言えば前回のときも人が多かったな~

  1405030403.jpg

番台で券を渡し、お風呂へ
後生掛温泉は、「箱蒸し風呂」「火山風呂「泥風呂」「神経痛の湯「サウナ風呂」「打たせ湯」「露天風呂」の7つの温泉浴が楽しめますが、お風呂も半端なく激混み~。
山奥の温泉でこんなに混みあっている光景はあまり見たことがない・・
なので自前の写真はもちろん無いのですが、あまりの人の多さと蒸した浴室内
たちまちげっそりで入ってすぐに退散(写真はHPより拝借)

  20145035.jpg

泥湯が有名ですが、ここも人だかり

  20145034.jpg

露天風呂は何とかのんびり入ることが出来た(写真は以前のもの)
しかも、外は雨が本降りに降り出してきたよ~

  1105230310.jpg

後生掛温泉はとても人気の温泉、GWの激混みで思い知った!
出来るなら宿泊してゆっくり温泉を堪能したいところ。。

ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ


テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

GW・みちのく二人旅・秋田上陸 ☆ 日景温泉・日景温泉旅館

今年のGWは普段は距離的に難しい、北東北に主人と二人で巡る湯めぐり旅を計画。
もちろん主人は初めての地。私は3年前、一人旅で震災直後訪れた回想の旅でもあります。
体力温存で今回も新潟港から秋田まで新日本海フェリーで移動
GW中は混み合うので洋室の個室を利用。寝ている間に秋田に到着です

           2014nihonkai.jpg

     2014nihonkai2.jpg

秋田港から最初に向かったのは秋田県の最北東部、秋田と青森の県境に位置し、羽州街道、国道7号線から矢立峠付近の杉林のなか、桜並木を2キロ進んだ昔ながらの湯治宿の面影残る日景温泉・日景温泉旅館
ドライブ道中はあちこち桜が満開で綺麗だったけど、ここの桜はまだつぼみ

  hikageonsen2014.jpg

私が北東北の旅で最初に宿泊した思い出の旅館。
何が思い出かって・・この広い旅館に宿泊者私ただ一人!正直怖かった~

            hikagwonsen2014-1.jpg

早速、宿泊棟二階奥にある大浴場へ

  1405020021.jpg

男女別の内湯と男女の浴室の真ん中に混浴の露天風呂
まずは内湯
綺麗な白濁した硫黄泉。
柔らかな湯さわりが堪らない~

  1405020050.jpg

  1405020051.jpg

  1405020032.jpg


皮膚病にも効果ある温泉なので、キムタクがお忍びで訪れたと秋田では噂だとか・・
渋い洗い場が雰囲気出してます

  1405020053.jpg

そして露天風呂
こちらは温い~
目の前に咲く蕾の桜。満開なら素敵な湯浴みが出来そう

  1405020024.jpg

  1405020029.jpg

フロント横の待合室に主人を残し、私は今回向かうところがありました

  1405020044.jpg

前回宿泊したにもかかわらずもう一つある湯治棟の浴室に入っていなかったのです。
ドアの向こうは湯治棟。シーンと静まり返っています
そして男女別の内湯

  hikageonsn-4.jpg


本館の湯舟も雰囲気良いけど、この渋さは最高~
湯加減も肌さわりも最高~ 

  1405020037.jpg

  1405020042.jpg

この付近は個性的な名湯が多く、次に前回行けなかった矢立温泉に立ち寄る予定でしたが、宿のドアに張り紙がしてありこの日は休業でした
残念~

次の温泉へ向かうためそのまま北上、青森へ。


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

秋田☆鷹の湯温泉・鷹の湯旅館 食事編

秋の宮温泉郷・鷹の湯温泉の宿のお風呂を堪能し、お待ちかねの夕食の時間。
ロビー近くの食事処でいただきます。
食事処というか広間にテーブルのあしらえ。(写真は朝食)
料金によっては個室での食事のようですが、私達はもちろん違います

    1304280267.jpg

    1304270245.jpg

食事はほぼ並べられている状態。地の季節のものを使った料理です。
山菜もたくさん使われています。味付けも良く、どれも美味しかった!

    7571880_1929226592_120large[1]

岩魚の味噌田楽

    7571880_1929226591_54large[1]

秋田の郷土料理「ほざくねり」と言うお米で作ったお粥のような甘い食べ物 
          ↓

    7571880_1929226596_104large[2]

                  7571880_1929226586_228large[1]

しかし、お酒を飲まない主人はご飯を最初から持ってきてもらったのですが、おひつに入っている量が・・半端なく少ない!どう見ても二人分もなく、隣の席の方の様子を見ていると、おひつを覗いて驚いている・・やっぱり普通に少なかったんだね
大食いの主人はこの倍は必要。

そして翌日の朝食も同じ広間でいただきます。
今度は多めにご飯もあり、お腹いっぱい~

    1304280268.jpg

朝食後はロビーでコーヒーのサービス。

    1304280269.jpg

朝食後もお風呂を堪能して、宿をチェックアウト

    ta.jpg


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

GW東北旅・秋田・秋の宮温泉郷☆鷹の湯温泉・鷹の湯旅館 宿泊

今宵の宿は秋の宮温泉郷のひとつ鷹の湯温泉・鷹の湯旅館
通りより少し奥まった所に位置する老舗の秘湯の一軒宿。
敷地はかなり広い~

http://takanoyuonsen.web.fc2.com/

    1304270243.jpg

館内は横に長く、段差階段も多い。腰に悪いよ~

          taka.jpg

綺麗な館内ですが、老朽化したところもちらほら
私達の部屋は館内丁度真ん中辺りなので良かった!

    1304270178.jpg

部屋は二階。明るく清潔な室内と4~5畳ほどもありそうな広縁が床暖房。
寒かったので足元が暖かいのは嬉しい。

    1304270094.jpg

一休み後、館内散策とお風呂へ。
まず、ここの宿の名物の内湯大浴場。
日帰りだと混浴ですが、宿泊客は女性時間が設けています。
3つの長方形の湯舟は深さと温度が違います。
左が130センチほどの深さ。
特別熱すぎる湯舟はなく適度な温度差なのでどれも気持ちが良い~。
癖のない柔らかな泉質。

    1367283033343344.jpg

    1304270141.jpg
 
女性専用内湯
やはり大浴場から見ると小さく、狭い。
二つの湯舟は手前が温め。長湯にはもってこいです!

    1367283202289170.jpg
 

ぬる好きな私には快適な湯温でしたが、熱湯好きな人には物足りないかも。。
館内にある露天風呂へ。男女別と混浴内湯

まずは混浴の露天風呂。
簡単ながら脱衣所(目隠し)が分かれているため気を使うことがない。
岩風呂と木造りの湯舟。岩風呂が少し熱めになっている。
雨が降っていて外気がかなり寒く、風で提灯がゆらゆら~

    1367282287481618.jpg

    1367282521378621.jpg

何度となく入っているのに、意外と人とかち合うことなく貸切で混浴露天を楽しめた。

そして女性露天風呂。少し階段を上がるので一番景観が良さそう。
湯舟の配置がいい感じ。
こちらも温め。ついつい長湯になります

    1367282683111949.jpg

    1367282634684012.jpg

そして館外にある野天風呂。
サンダルに履き替えて木道を歩いていくと、川岸にダイナミックな岩造りの露天風呂
足場が悪く所々ぬかるんでいます。
脱衣所は一つ。ちょっと抵抗ありますが人がいなければ大丈夫
ただ、この露天風呂、お風呂のそばの部屋や露天風呂から見えるような・・。
なるべく川岸に近寄らず入浴。

    taka3.jpg

小雨決行で風の中入浴したものの・・温い!寒いよ~
入浴中は我慢できたけど、着替えが寒~

    1367284020929396.jpg

どおりであまり人が入った気配がないわけだ!
内湯へ戻り冷えた体?を温め直し。

お天気が左右する露天風呂。この時期はまだ緑もないけれど、新緑の中入ったら気持ちいいだろうな~
何度となくお風呂に行ったり来たり・・ただ、階段の多さがネックです。

そしてお待ちかねの夕食時間。
食事処の広間でいただきます。


ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

GW東北旅・山形・秋の宮温泉郷☆保養センター太郎兵衛

昼食をはさみ山形から秋田・秋の宮温泉郷へ

後から知った情報で「宝寿温泉」がこの日夏季開業~行けず仕舞いで次回に持ち越し
立ち寄り最後に保養センター太郎兵衛へ。
http://www.akinomiyaonsen.jp/otomari/tarobei.html

    1304270081.jpg

    1304270089.jpg

朝6時から入浴できるらしい。
熱めの内湯がひとつ。

    1304270084.jpg


老人夫婦が切り盛りしていた
3泊4日6食付の湯治プランが9950円にはびっくり!

雨は時より弱くなるものの、一日中雨が降っていた。

少し早かったけれど、今宵の宿へと向かいます。



ポチッと押していただけると嬉しいです
    ↓        
  
 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

     
プロフィール

ゲコ

Author:ゲコ
☆温泉ソムリエ ゲコの日記へようこそ☆

秘湯、源泉掛け流しの温泉が大好き。
夫婦で行く湯めぐりが主ですが、時に一人でふらっと温泉を楽しんでいます。

新潟、北長野の温泉をメインに、最近は東北の温泉がとても気になっています。

過去の日記を整理しながら載せているため、お見苦しい点もあるかもしれません☆

最新記事
カテゴリ
過去ログ +

2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【15件】
2014年 05月 【23件】
2014年 04月 【15件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【8件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【14件】
2013年 11月 【15件】
2013年 10月 【21件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【21件】
2013年 07月 【14件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【15件】
2013年 03月 【12件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【5件】
2010年 12月 【6件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【27件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【7件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【6件】
2008年 12月 【6件】
2008年 11月 【5件】
2008年 10月 【7件】
2008年 09月 【6件】
2008年 08月 【18件】
2008年 07月 【7件】
2008年 06月 【6件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【4件】
2008年 03月 【3件】
2008年 02月 【1件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【9件】
2007年 10月 【7件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【10件】
2007年 07月 【7件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 03月 【1件】

月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03 
最新コメント
フリーエリア
ランキングに参加しています。 ポチッと押していただけると嬉しいです ♪
アクセスカウンター
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
883位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
温泉旅行
64位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
リンク
☆☆宿泊宿☆☆
宿泊した中でちょっと素敵と感じた温泉宿
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード